anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

西の魔女が死んだ

2008年作品、長崎俊一監督、高橋真悠、サチ・パーカー出演。

中学3年になったまい(高橋真悠)の元に “魔女” が倒れたという知らせが届く。 祖母の家に向かう車の中で、まいの母(りょう)から祖母の訃報を聞く。 魔女とは、英国人で、まいの母方の祖母のことだ。
まいは2年前のことを思い出す。 中学に入学したまいは、登校拒否になる。 母は、“西の魔女” と呼ぶ祖母(サチ・パーカー)の家にまいを預けることにした。
祖母はどうしてまいがここに来たのかは一切聞かなかった。 すんなりとここにいることを了承したその日から、まいと二人の生活が始まり、母は仕事の関係ですぐに行ってしまうのだった。
まいは祖母のことが好きだったし、ここの環境も自然の中で落ち着くのだったが、近所に住むゲンジ(木村祐一)の言動に、まいは心をかき乱される。 粗野であまり他人に気を使わないケンジ、しかし祖母はケンジのことを決して悪くは言わないのだったが。
祖母は、自分のことを魔女の血筋で、草木についての知恵や知識を受け継ぎ、物事の先を見通す能力を持っているという。 まいは自分も魔女になりたいと思い、修行を始める。
魔女の修行とは、『早寝早起きをし、食事をしっかりとり、運動をし、規則正しい生活をする』 ということと、『何事も自分で決める』 ということだった。
草原で摘んだワイルド・ ストロベリーでジャムを作ったり、野菜やハーブを育てる生活は、まいの閉ざしていた心を解きほぐしていった。 しかしそれでもケンジに寛大に接する祖母を、まいは理解できない。
そしてそれが二人の間に亀裂を生じていくのだった…

これは不思議な作品ですね。 監督は長崎俊一、原作は梨木香歩、祖母で魔女役のサチ・パーカーは、シャーリー・マクレーンの娘なんですね。 「トイレット」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9432082.html にも出ているようですが、ちょっと記憶にない(^^)
物語は、この途中に彼女がどうして登校拒否になったのかがまい自身から語られるんですね。 いじめにあったわけではなく、当たり前のような生活にふと間が差したことからの孤立という事なんですね。
「女の子の習慣って、難しい」 もしかしたらここからいじめに遭ったり、不登校になったりというきっかけが生じるのかな? そんな素直な感情を吐露するところがリアルでしたね。
父役はちょこっと出てくる大森南朋、そしてあとは郵便配達員に高橋克実くらいの、登場人物自体少ない作品ですが、家族と、まい自身の再生譚でもありました。
魔女と言っても魔法は一切出てきませんが。

イメージ 1
魔女の住む家

イメージ 2
祖母とここでしばらく暮らしたまい

イメージ 3
料理をし

イメージ 4
星を見る

イメージ 5
しかしまいはケンジが苦手だった

イメージ 6