anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ガンヘッド

1989年作品、原田眞人監督、高嶋政宏、ブレンダ・バーキ出演。

2025年、カイロン5は人類に宣戦布告をした。 連邦政府ガンヘッド大隊を太平洋上の火山島8JOに派遣して、戦闘が始まった。
そもそも西暦2005年に世界初のフルオートメーション・ロボット工場 「マザータワー」が建設されたことからはじまった。 家庭や工場などいたるところでロボットが活躍し、政治や経済の問題解決にはコンピュータが判断を下すというコンピュータ・ロボット社会の到来だった。
軍隊の主力も人間から、「ガンヘッド」 と名付けられた無人戦闘ロボットによる部隊へと移行していた。 そして今ロボット同士の戦闘が始まり、370日以上経過していた。 しかし人類はカイロン5に敗れそして13年がたった。 8J Oは汚染地域として封鎖された。
そしてある日、世界をトレジャーハンティングする男女7人組 「Bバンガー」 が、カイロン5のコンピュータ・チップを求めて、8JOに入った。 バンチョー(ミッキーカーチス)をリーダーとして、ブルックリン(高嶋)、ベベ(円城寺あや)、ボンベイ川平慈英)、ボクサー(斉藤洋介)、ブーメラン(ドール・ヌイン)、バラバ(ジェームス・B・トンプソン)の7人だ。
ブルックリンは操縦ができない。 トラウマがあるからだが、メカには強い。 今や無人と思われたマザータワーだったが、突如黒い影が現われ、4人の命が奪われた。ブルックリンら3人は辛うじて393階に逃げ込んだ。 いったい何が潜んでいるのか。カイロン5の中枢のチップは手に入るのか?…

サンライズ社と東宝が組んだ特撮作品です。 ですからキャスト、スタッフがかなりいいですね。
製作が田中友幸特技監督川北紘一、ハリウッドからブレンダ・バーキを呼んでいますからね。 ただあまり印象がないのはどうしてかちょっと思い出せませんね。ストーリーは正直弱いですね。 その分戦闘シーンがほとんどを占め、コストの大半はそこでしょう。
CG技術などほとんどない時代なので、今ならその分を脚本とか別に面で充実させれたでしょうが、ちょっと時代が悪かったのでしょうか。
ブレンダ・バーキは綺麗でしたけど。

イメージ 2
ブルックリン

イメージ 3
そこで会った謎の女


イメージ 1
そして彼女と行動を共に

イメージ 4
動き出したガンヘッド

イメージ 5
戦闘開始する

イメージ 6