anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

GAMER

オンライン・ゲーム『スレイヤーズ』のヒーロー戦士ケーブル(ジェラルド・バトラー)は死刑囚が生死をかけた戦闘を繰り広げている。 30回勝ち抜けば自由になれるという条件に、あと3回と迫っていた。
マインドコントロール技術の発達した2034年の世界では、俳優として応募してきた人間の意識を操り仮想空間のキャラクターとして動かすことのできる 「ソサエティ」 というコミューンをつくるまでになっていた。
ソサエティ」を開発した大富豪で天才科学者のケン・キャッスル(マイケル・C・ホール)は、「ソサエティ」に続く第二弾として 「スレイヤー」 というシステムを世に送り出す。 ケーブルはその中のヒーローであり、囚人であった。
ジーナ・パーカー・スミス(キーラ・セジウィック)は自分の番組に、スレイヤーズの生みの親である資産家ケン・キャスルを出演させる。 彼女はケンに、このゲームは殺人ではないかと詰め寄るが、囚人に釈放のチャンスを与えているのだとキャッスルは答える。
スレイヤーズは米国政府の協力と認可のもと、その利益を刑務所の運営に活用している。 プレイヤーはナノ細胞を脳の運動皮質に移植されたキャラクターを操るが、操作範囲は戦闘区域内に限られると言う。
ケーブルを操作しているのは、17歳の天才プレイヤー、サイモン(ローガン・ラーマン)。 ケーブルは妻と娘に再び会うために30回のバトルに勝ち抜こうとしているのだ。
その時、ヒューマンズと名乗る抵抗組織が放送局をハッキングし、モニターに映し出された代表ブラザー(クリス・リュダクリス・ブリッジス)は、キャッスルにだまされるなと警告する。 果たしてケーブルは生き残ることができるのだろうか? そしてヒューマンズとは一体?…

仮想空間、バーチャルを題材とした作品は結構ありますし、実際のゲームでもう実現しているんですが、これはさらに人が人を支配する、バーチャルではなく現実の人間操作でバトルをしてしまうというところに怖さがあります。
死刑囚の体、脳を支配し実際に戦闘させる、でも勝ち残ればその死刑囚は釈放される。 それに歓声を上げるゲーマーたちはちょっと異常の世界です。
でも、死刑囚だけでなく、実際に体と脳を支配される人間たちも出てきます。 ケーブルの妻もある男に支配されるのですが、そうなるともう遊びの世界ではなく、生きた生身のロボットですね。
映画の世界だけならこんな設定もいいですが、近い将来現実に起こりそうな物語に感じられました。

イメージ 1
戦うことを義身づけられたケーブル

イメージ 2
仮想空間で操られる女、彼女は実は・・

イメージ 3
突然現れたヒューマンズ

イメージ 4
そして彼らと接触するケーブル

イメージ 5
そして自由を求めた戦いが始まる

イメージ 6