anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

オフィス 檻の中の群狼

2015年作品、ホン・ウォンチャン監督、コ・アソン パク・ソンウン出演。

ソウルの夜のオフィス街。 うつろな目をした中年の会社員、キム・ヒョングク(ペ・ソンウ)がとぼとぼと家路に向かっていた。 母親と妻、そして9才の息子と暮らす家でいつものように夕食をとったあと、おもむろに金槌を取りだしたキムは、無表情のまま家族に向かって何度も何度も振り下ろす。
翌朝、キムの勤め先に警察がやって来た。 彼が家族3人を惨殺して姿を消したと聞き、社員達の間に衝撃が走る。 入社5ヵ月目のインターン、ミレ(コ・アソン)の顔色も変わるのだった。 課長のキムは、不器用なミレには優しかっただった。
刑事のジョンフン(パク・ソンウン)は社員に聞き取りを行うが、誰もがキム課長の人柄を誉め、出世街道から外れてはいたものの家族思いの真面目な人間だと言うのだった。 部長(キム・ウィソン)は事件当夜、駐車場でキム課長の姿を見た気がするが夢かもしれないと黙っていた。
ジョンフンは、まるで何かに怯えているようなミレの様子に気づく。 キム課長のことは何も知らないと答えるミレだったが、ジョンフンが帰った後、自分のデスクの引き出しをそっと開けて震えがはしる。 そこには大きな包丁が入っていた。
インターンのミレは、正社員になれるかどうかの瀬戸際にいた。 パワハラ全開の部長は、正社員になりたいなら販促の企画書を上げろとミレに命じる。 真面目に頑張るミレですが、女上司のホン代理(リュ・ヒョンギョン)や意地悪な先輩ハヨン(イ・チェウン)、そして若手社員のウォンソク(パク・チョンミン)にとってはイライラする存在でしかなく、ことあるごとに嫌がらせをされる。
田舎からソウルに出てきて友達もいないミレの心の支えは、たまに電話で話す母親だけだった。 ミレの営業課に新しいインターンのシン・ダミ(ソン・スヒョン)という女性が入って来る。 ホン代理達は、美人でエリート帰国子女のダミと比較してミレのことを馬鹿にする。 
一方、キム課長の行方を探すジョンフンは、会社の防犯カメラ映像を調べて驚くのだった。 キム課長は家族の殺害直後になぜか会社に戻っており、社内から出た形跡がないのだ。 キム課長が社内に潜伏している可能性を考えたジョンフンは会社へと急ぐ。 夜に1人で残業していたチョン代理(オ・デファン)は、キム課長の姿を目撃する。
驚いて逃げ出そうとするがオフィスのドアは施錠されていた。 ジョンフンが会社へ着くとチョン代理の姿はなく、忘れ物を取りに来たというミレが1人いるだけだった・・・

これはなかなか怖かったですね。 密室のホラー感覚で見れるんですが。
監督はホン・ウォンチャン、監督は初ですが、脚本ではヒット作に参加が多いですね。
主演はコ・アソン、まだ可愛い彼女は誰かに似ていますね。 出演作は 「正しい日 間違えた日」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15610938.html が近作ですね。
そしてキム課長役でペ・ソンウ、「スウィンダラーズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15611468.html で、どんでん返しの役で出演しています(^^)
刑事役ではパク・ソンウン、実は彼も 「スウィンダラーズ」 に出ていて彼も(^^)

物語は、オフィスで起こる怪異のお話です。 実直だったキム課長が、一家惨殺犯となるんですが、その後行方不明となります。 そしてキム課長はその前に何があったのか?
“真面目な彼が信じられない” 会社の同僚は異口同音に同じようなことを言いますが、何かを隠しているが如く、口裏を合わせています。 そしてその中で一番おかしな態度をとるのがミレでした。 インターンの微妙な立場の彼女、何をやっても自信がなくオドオドしています。
そして彼女の引き出しに入っていた包丁とは?
今作はホラーとミステリーの中間のような作品ですね。 しかし、生き残るのは意外な人物でした。

イメージ 1
家族に向かって

イメージ 2
そして刑事が会社に

イメージ 3
会社の人に、事情を一人ひとり聞かれる

イメージ 4
そして彼女も

イメージ 5
彼女は何かを知っている?

イメージ 6