anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スターリンの葬送狂騒曲


“敵” の名簿を愉しげにチェックするスターリン(エイドリアン・マクラフリン)。 名前の載った者は、問答無用で “粛清” される恐怖のリストだ。 時は1953年、モスクワ。 スターリンと彼の秘密警察がこの国を20年にわたって支配していた。
下品なジョークを飛ばし合いながら、スターリンは側近たちと夕食のテーブルを囲む。 道化役の中央委員会第一書記のフルシチョフスティーヴ・ブシェミ)の小話に大笑いする秘密警察警備隊長のベリヤ(サイモン・ラッセル・ビール)。 スターリンの腹心のマレンコフ(ジェフリー・タンバー)は空気が読めないタイプで、すぐに場をシラケさせてしまう。  明け方近くまで続いた宴をお開きにし、自室でクラシックをかけるスターリン。 無理を言って録音させたレコードに、ピアニストのマリヤ(オルガ・キュリレンコ)からの 「その死を祈り、神の赦しを願う、暴君よ」 と書かれた手紙が入っていた。
それを読んでも余裕で笑っていたスターリンは次の瞬間、顔をゆがめて倒れ込む。
お茶を運んできたメイドが、意識不明のスターリンを発見し、すぐに側近たちが呼ばれる。
驚きながらも 「代理は私が務める」 と、すかさず宣言するマレンコフ。 側近たちで医者を呼ぼうと協議するが、有能な者はすべてスターリンの毒殺を企てた罪で獄中か、死刑に処されていた。
仕方なく集めたヤブ医者たちが、駆け付けたスターリンの娘スヴェトラーナ(アンドレア・ライズブロー)に、スターリン脳出血で回復は難しいと診断を下す。 その後、スターリンはほんの数分間だけ意識を取り戻すが、後継者を指名することなく、間もなく息を引き取る。
この混乱に乗じて、側近たちは最高権力の座を狙い、互いを出し抜く卑劣な駆け引きを始める。 表向きは厳粛な国葬の準備を進めながら、マレンコフ、フルシチョフ、ベリヤに加え、各大臣、ソビエト軍の最高司令官ジューコフまでもが参戦。 進行する陰謀と罠、果たして、絶対権力のイスに座るのは誰?!・・・

コメディで歴史がわかる作品。
監督はアーマンド・イアヌッチ、他作品があるようですが、この作品で初鑑賞の監督です。
主演はやはりフルシチョフ役のスティーヴ・ブシェミでしょうね。 「靴職人と魔法のミシン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15262869.html  が近作となりますかね。 声優としての出演作も多いですね。
そしてベリヤ役でサイモン・ラッセル・ビール、「ターザン:REBORN」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14331216.html に出演していました。

物語は、あのヒトラー以上に大虐殺をしたスターリンの晩年、彼が死んだ後の後継者争いのお話ですね。 やりたい放題のスターリン、彼に逆らうと殺されてしまうのは当然ですが、ちょっとでも気に喰わないとそれだけで抹殺されてしまいます。 それは側近でも変わりません。
その実行役が秘密警察の役目ですが、その指揮官がベリヤです。 だからこそ、彼は殺す権限を、スターリンの次に持っている感じなんですね。 だからこそ、いち早く駆けつけたのも彼でした。 もちろん狙うのはスターリンの後釜、しかし一応はマレンコフがナンバー2でしたから、とりあえず彼が最高指導者になります。
しかし統率力がなく、人望もない彼は、つなぎでしたかないのは明らかでした。 ここでフルシチョフが、葬儀委員長になっていくことから、彼にチャンスが回ってくるんですね。 彼が目をつけたのは、秘密警察と反目している軍でした。
今作は、英語での作品、もちろんイギリス圏で作られた作品ですから、仕方がないですが、これがロシア語だったらもっとリアルでいいですし、ロシアで作られたら凄かったでしょう。
しかし写真からどんどん消えていく人たち、恐ろしい時代、世界でしたね。

イメージ 1

イメージ 2
しかし彼が倒れる

イメージ 3
そして亡くなってしまい

イメージ 4
引き金はこの女性?

イメージ 5
そしてフルシチョフが葬儀委員長

イメージ 6
しかしフルシチョフはある考えを思いつく

イメージ 7