anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

空飛ぶタイヤ

2018年作品、本木克英監督、長瀬智也 ディーン・フジオカ 高橋一生 深田恭子出演。

中小運送企業赤松運輸の社長、赤松徳郎(長瀬智也)は、父から会社を任され継いでいる。 専務の宮代(笹野高史)と、総務課長の高嶋(大倉孝二)、と会社を切り盛りしている。 
そんな赤松のもとに驚くべき一方が届く、自社のトラックのタイヤが走行中に突然外れ、歩行者の母子を直撃、母親(谷村美月)は即死してしまう。
赤松は整備不良を疑われ、一度は若手整備士の門田(阿部顕嵐)を疑う。 彼は宮代からリストラをする対象だといわれたが、赤松は誰一人首切りをしないと庇った社員だった。 しかし、怒りに任せて首を言い渡してしまうが、彼は一切言い訳をせず出て行ってしまった。
しかし、彼は通常の基準よりもはるかに細かいチェックをしていたことが、彼のロッカーから見つかった整備ノートでわかる。 すぐに迎えに行き謝る赤松、そこには恋人(池上紗理依)がいて同棲していた。 そして彼女は妊娠していた。
会社にもどるようにいう赤松、そしてじゃあなにが原因なのか? すぐに彼はそのトラックのメーカーの代理店・ホープ自動車の販売会社の担当益田順吉(木下隆行)に連絡を取る。
しかし、彼から先のメーカーの営業には話をさせtくれないのだった。
メーカーの結果は整備不良、しかし納得できない赤松は、メーカーのカスタマー戦略課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に連絡を入れるが、は全く繋がらない。 彼はただのクレーマーだと思いこんでいたのだった。
しかし、沢田悠太は同僚の小牧(ムロツヨシ)から品質保証部がこの一件についてナーバスになっているという情報を得る。 沢田は数年前のホープ自動車の大規模なリコール隠しを思い出すのだった。 品質保証部に問いただしても、全く受け付けられない。 しかしその中の、一人を捕まえ、極秘会議:T会議が存在していることを知る。 Tとは?タイヤのことか?
しかし、この死亡事故の事件を担当している刑事・高幡真治(寺脇康文)を中心に会社に家宅捜索が入る赤松運送、さらに取引先も、死亡事故を起こしたことで取引を切られてしまう。 銀行の使い融資もままならない。 なんと銀行はメーカーと同じ財閥系のホープ銀行だった。
赤松運送は?そっして事件の真相は?・・・

これはあの会社がモデルなんでしょうか?
ですね。
主演は長瀬智也、「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14247353.html が近作ですね。 今作は若社長、しっかり会社を引っ張るいい役でした。
そしてその妻役で深田恭子、上記の作品以外で近作は 「ジョーカー・ゲーム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12676180.html ですね。

物語は、大きなタイヤの脱輪事故で、死者が出てしまった大事件を巡る真相ですね。 大変痛ましい事件、幸せそうな母と子ども、それが一瞬で崩れ去ってしまった。 もちろんドライバーは立ち直れません、会社も整備不良だと始めは思いました。 しかしその当人だと思っていた門田という社員のしっかりした整備ノート、ここからもしかしたら理由は別にあるのでは? 展開はそうなって行きますが、財閥系の巨大自動車メーカー、真相はどんどん藪の中に。
しかし澤田課長、同僚の小牧、そして品質保証部の杉本元が、内部から真実の追究を始めますが、逆にリコールを恐れ真実をひた隠しをする、大きな力。
一方の赤松運送も危機にさらされていきます。

昔のことですが、家族で北関東に車で行ったときに、駐車場に事故車が止っていた光景を思い出しました。 異様な姿の横に、これは事故を起こした車に、異常があったことを抗議している文が添えられていました。 まじまじと降りて見たわけではありませんが、一目でわかるインパクトでした。
車に、本質的な異常があれば、それこそ人の命を奪う殺人機械となります。 一番誠意ある対応が求められる、社会的な責任を負う業界、異常があれば正直にしてくれないと恐ろしいですよね。

イメージ 1
大型トラックのタイヤが外れ女性が死んだ

イメージ 2
ホープ自動車は整備不良だと思っていた

イメージ 3
しかし内部で変な動きを掴む沢田

イメージ 5
一方ホープ銀行もホープ自動車の不審を疑っていた


イメージ 4
そして元恋人が重要な情報を

イメージ 6
赤松と沢田がとうとう顔を合わせる

イメージ 7