anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48

2016年作品、指原莉乃監督、HKT48メンバー出演。

AKB48」の姉妹グループで、福岡・博多を拠点に活動する「HKT48」初のドキュメンタリー。
グループ随一の人気を誇るメンバー兼劇場支配人の指原莉乃が、映画初監督を務めた。 国内4番目の48グループとして博多に誕生し、AKB48選抜総選挙で2度の1位に輝く指原を中心に人気を拡大させていったHKT48
グループの中心にいながらドキュメンタリー映画の監督を務めることになった指原は、メンバーの笑顔の奥に秘められた思いはなんなのか、頑張っていながらも報われていないメンバーに何を聞けばよいのか、そして自分は本当に仲間のためになっているのかと悩み、葛藤していく。 そんな指原の葛藤の矛先は、やがて運営スタ ッフにも向けられていく…

くしくも同時公開になったこの作品、順番から行ったら、NGT48が発足するまでは国内グループの末っ子、平均年齢も一番低く、本当に若いアイドル色いっぱいのメンバーたちのドキュメンタリー。
普通に考えると、明るく楽しい華やかなドキュメンタリーと思いきや、そこはさっしー監督、結構えぐいシーンまで映していましたね。
このHKT48というグループは、正直さっしーが移籍前と移籍後ではっきり違うんですね。 スキャンダルで彼女が誰もが都落ちをしたと思われた移籍、もちろんいきなり総選挙第4位の指原莉乃が移籍してくる、メンバーもある意味動揺していました。 それは大先輩ということと、選抜枠が一つなくなるということですよね。
当時まだシングルデビューをしていなかったHKTですが、劇場公演の16人からは、誰かがいなくなる。 特にセンターの児玉遥=はるっぴ、同じくエースの宮脇咲良=さくら、確実に危機感を感じていたことでしょう。
しかしさっしーは、スキャンダルを受け、ここでエースになるのではなく、このグループの成長、育成に情熱を傾けるんですね。 そして翌年の総選挙で、見事1位となり、それに引っ張られるようにHKTが躍進するんですね。
今作は他グループのドキュメンタリーと違い、今まで廻していたVを、監督としての立場でチョイスして行くという形になっています。 その葛藤が描かれているところが見どころですね。
和気あいあいに見えるメンバーたちも、やはりバチバチとしたライバル関係が存在します。 他グループのように露骨に表すメンバーは少ないんですが、一皮むけば彼女たちもこの業界で生きている娘たち。 涙しますし、言葉に詰まることもあります。
NMBのドキュメンタリーでもありましたが、劇場を必死にやってもなかなか選抜に選ばれないメンバーにスポットが当てられています。 私も馴染が薄い上野遥、2期生の彼女は一度も選抜に選ばれてはいません。 しかしさっしー不在の時のアンダーを見事にこなし、振り入れは彼女がさっしーに教えるんですね。
またもう一人、長いこと選抜漏れをしていた坂口理子=りこぴ、年長メンバーでしっかり者、ムードメーカーでMCも上手い、正確の良さもピカイチですが、なかなか選抜に選ばれません。
しかしそんな彼女に、強力な彼女押しのファンがいるんですね。 握手会でファンが少なかった時代から、ファンたちがりこぴの押しを増やしていき、総選挙で順位を上げ、そしてとうとう選抜に。 号泣する彼女押しのファン、ここが一番の泣き所でした(^^)
そして上野遥にも、最後に大きなサプライズが。
「努力は必ず報われる」卒業する高橋みなみの有名なセリフですが、このりこぴ押しのファンが、「このAKBグループにだけはこの言葉が本当だと信じている」
このシーンは何とも言えない感慨を受けました。
いつか新潟のドキュメンタリーもできるんでしょうか?その時を楽しみにしたいと思います

イメージ 1
博多に移籍したさっしー、育成に情熱を傾ける

イメージ 2
はるっぴと

イメージ 3
さくらと

イメージ 4
時間が無いよ、りこぴと

イメージ 5
3期生と

イメージ 6
なこみくと

イメージ 7