anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

燃えよスーリヤ!!

2019年作品、ヴァーサン・バーラー監督、アビマニュ・ダサーニー ラーディカー・マダン グルシャン・デーヴァイヤー マヘーシュ・マーンジュレーカル出演。

スーリヤは生後間もなく母と死別し、父ジャティン(ジミット・トリヴェーディー)と祖父(マヘーシュ・マーンジュレーカル)の3人で暮らすことになった。 彼は先天性無痛症を患っており、痛みを感じない彼(サルタージ・カッカル)は小学校でイジメの対象になっていたが、幼馴染の少女スプリ(リヴァ・アローラー)に助けてもらっていた。 

スーリヤは祖父の影響を受けてマーシャルアーツ映画のVHSを観て格闘技を学ぶようになった。 そんな中、スーリヤは片脚の格闘家・空手マニ(グルシャン・デーヴァイヤー)の百人組手の映像に魅せられる。 彼は百人組手を使い、スプリを暴力的な父(ニシャード・ラーナー)から救おうとしたが、誤ってスプリの父をアパートの屋上から突き落としてしまい、スーリヤ一家は町を追い出されてしまう。 スプリと離れ離れになったスーリヤは強くなるために本格的に格闘技の研究を始め、スプリも偶然出会った空手マニの元で格闘技を学ぶようになった。
12年後。大人になったスーリヤ(アビマニュ・ダサーニー)は父から外出を許可され、祖父と共に子供のころに住んでいたアパートに向かい、町で空手マニの宣伝ポスターを貼るスプリ(ラーディカー・マダン)と再会する。 しかし、2人は互いを認識することなく、スーリヤは女性を連れ去ろうとしていた不良を成敗するスプリを助太刀しようとして、誤って殴られてしまう。 

その後、空手マニの登場を訪れたスーリヤは、倒れていた空手マニを発見するが、そこで再びスプリに犯人と間違えられ殴られてしまう。 スーリヤはスプリたちと共に空手マニを病院に連れて行くが、犯人が空手マニの双子の弟で悪党のジミー(グルシャン・デーヴァイヤー)だと知ったスプリの友人たちは関りを恐れて逃げ出し、スプリも婚約者のアトゥル(サティヤジット・ガヌ)に連れ戻されてしまう。 その際、スプリはようやく謎の男が幼馴染のスーリヤだと気付いた。

一方、スーリヤは病院を抜け出した空手マニを連れ戻そうとした職員たちを追い払い、彼からジミーとの過去を聞かされる。
幼少期から空手の才能を開花させたマニは父からの愛情を独占し、疎外されたジミーは犯罪に手を染めるようになってしまう。 しかし、マニがジミーのガールフレンドに手を出したことが発覚してから立場が一変し、ジミーは立ち上げた警備会社の社員たちを使いマニに嫌がらせをするようになり、マニが父からプレゼントされたロケットを奪い取ってしまう。 一方、スプリは母の治療費を肩代わりするアトゥルと婚約し、治療のために家族そろってカナダに移住することになっていた。 スプリの母は、自分と同じ暴力的な男に従おうとするスプリに自分と同じ過ちを繰り返さないように諭す。

長編ですがアクション恋愛作品ですね。
監督はヴォーサン・バーラー、脚本作品は見たことがありますが、監督作は初めてでした。
スーリア役はアビマニュ・ダサーニー、初めて見る俳優さんでした。
スプリ役はラーディカー・マダン、彼女も初めてです。

物語は父と母、そして祖父のいる家庭で生まれたスーリアのお話です。 しかし出産直後にひったくりにあい、乗っていたサイドカーが事故を起こし母は亡くなってしまいます。 さらにスーリアは痛みを感じない無痛症であることがわかります。 そのため子供の頃からいじめられていましたが、それを助けてくれたのはスプリという女の子でした。 そしていつしか自分がスプリを守らなければと思い、空手の百人組手のビデオを見てこれだと思います。 そして彼女をDVの父親から救おうとしますが、誤って重傷を負わせてしまいます。 そしてスーリアの一家はここを追われ、彼女とは疎遠になっていきます。
そして時は流れ・・・

今作は無痛症というのがネックになっていきますね。 そしてそのため絶えず水分補給をしないと動けなくなってしまう体質のスーリアというのが、ある意味弱点になっていますね。 最後のアクションシーンは圧巻で、片足の空手家・マニがなかなか迫力ありますね。

 

f:id:anttiorb:20211006174712j:plain

f:id:anttiorb:20211006174721j:plain

f:id:anttiorb:20211006174714j:plain

f:id:anttiorb:20211006174732j:plain

f:id:anttiorb:20211006174735j:plain

f:id:anttiorb:20211006174728j:plain

f:id:anttiorb:20211006174740j:plain

f:id:anttiorb:20211006175101j:plain