anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!

2018年作品、ユーソ・ラーティオ ユッカ・ヴィドゥグレン監督、ヨハンネス・ホロパイネン ミンカ・クーストネン ヴィッレ・ティーホネン マックス・オバスカ出演。

フィンランド北部の何もない田舎の村で退屈な毎日を送る25 歳のトゥロ(ヨハンネス・ホロパイネン)は、終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタルを標榜する4人組ヘヴィ・メタルバンドでヴォーカルを担当している。
結成から12年、これまで一度もステージに立ったことがなく、一曲もオリジナル楽曲を作っていない単なるコピーバンドだった彼らだったが、ついに強い意志のもと作曲に取りかかり、試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生。
時同じくしてひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェス主催者がメンバーの家にやってきて、千載一遇のチャンスが舞い降りる。 バンド名をインペイルド・レクタムに定め、ハイウェイの自動速度取締機を使い初のアーティスト写真を撮影。
初めて地元のライブハウスで前座を務めるが、緊張したトゥロは大嘔吐してしまう。 ノルウェーのフェス参戦も水の泡と化し、バンドは敢え無く解散。 さらにはドラマーのユンキ(Antti Heikkinen)がハイウェイを爆走中にトナカイを避けて事故を起こし、死んでしまう。
自身の不甲斐なさを噛みしめたトゥロは、ユンキのため、仲間のため、そして自分自身のために、バンドを再結成し、ノルウェーに乗り込もうと決意。 盗んだバンに墓地から掘り起こしたユンキの棺桶を乗せ、精神科病院からドラマーを誘拐し、ノルウェーへと逃亡する一行。
フィンランド警察から追われ険しいフィヨルドを駆けながら、夢のフェスを目指していく・・・
 
これはただ面白い!
監督はユーソ・ラーティオとユッカ・ヴィドゥグレンの共同監督、ふたりとも長編デビュー作となっているようです。
主演はトゥロ役のヨハンネス・ホロパイネン、出演は日本公開作品が1作あるようですね。
彼女のミラ役はミンカ・クーストネン、彼女は初めて見ますね。
 
物語はフィンランドの田舎の村で、へヴィ・メタルをする4人のバンドマンのお話です。 トゥロはボーカルなんですが、真面目に介護施設で働いているんですが、長髪をいつも馬鹿にされています。 でも言い返すこともなく、黙々と練習に明け暮れています。 ライブ経験もなく、ひたすら練習をしていたとき、メタルフェスの主催者が偶然通りかかります。
粗相をしてしまいますが、何とか自分達の作ったオリジナル曲のデモテープを渡します。 もちろんそれはフェスに参加したいという意思からでしたが。
もう彼らは出る気満々、そしてトゥロはミラにうっかり言ってしまいます。 そして村は彼らに対する態度を一変させるんですが。
 
今作はメタルファンなら10倍楽しむ事が出来る作品になっているようです。 私は残念ながらそこまではわからなかったのがちょっと残念でしたが、映画自体も面白かった。喝采が起こった作品でした。
 

f:id:anttiorb:20200108183219j:plain

ライブ経験のないコピーバンドだった

 

f:id:anttiorb:20200108183233j:plain

ここが練習場

 

f:id:anttiorb:20200108183248j:plain

しかしやっと作ったオリジナルのデモを渡す

 

f:id:anttiorb:20200108183302j:plain

そしてフェスに出るといってしまう

 

f:id:anttiorb:20200108183310j:plain

地元の売れない歌手の男がライバル?

 

f:id:anttiorb:20200108183327j:plain

そしてフェス出場の準備に入るのだが

 

f:id:anttiorb:20200108183336j:plain