anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A  その2


第3話
春。 穏乃(桜田ひより)と憧(伊藤萌々香)は晴れて阿知賀女子学院に入学。 阿知賀に戻ってきた晴絵(南沢奈央)が顧問となり、阿知賀の新生・麻雀部は始動を開始する。 当面の目標はインターハイ出場。 そのためには、この40年で一度しかインターハイ出場を逃していない名門、晩成高校を奈良県予選で破らなければならない。 予選まで、あと2か月。
目標に向かい、玄(恒松祐里)や宥(渡邉幸愛)、灼(中山莉子)ら先輩たちとともに、ふたりの新入生は連日のように麻雀に打ち込む。 しかし、穏乃は壁にぶつかっていた。 仲間は皆上達しているのに、自分だけは晴絵に一度も勝てない。 打っても打っても、結果は同じだった。
一方、中学3年の夏までは晩成に進学しようと考えていた憧も道を見失いかけていた。 帰宅時に立ち寄ったコンビニで、晩成に進学して麻雀部に入った中学生時代の仲間と偶然、再会。そこで言われたひと言が重くのしかかる――「仲良し麻雀がしたくて晩成から逃げた人には、絶対に負けない」
憧は気分転換にと、穏乃を連れて、子どもの頃の遊び場だった見晴らしの良い山に登る。 そこには誰よりも山を愛している穏乃の、スランプ脱出のためのヒントが隠されていた。 憧が足をくじいて下山が夜になり皆を心配させたものの、新入生ふたりは壁を乗り越えて県予選に向かう。

第4話
夏。 インターハイ出場を懸けた奈良県高校麻雀大会・団体戦が幕を開ける。 マスコミは、十連覇がかかった名門、晩成高校の元に殺到。 そんな狂騒をよそに、阿知賀女子学院の5人は静かに闘志を燃やしていた。。
先鋒の玄がドラを集める力を武器にして勢いづければ、次鋒の宥は暖色の牌を味方に付けて次につなげる。 中堅、憧はどんな状況でも流れを引き戻す力を発揮し、副将で部長の灼は的確に相手を叩く。 そして大将の穏乃は失敗も多いが、確実に何かを持っている。 10年ぶりの出場ゆえに他校もノーチェックだった阿知賀は大方の予想を裏切り、決勝進出の4校のひとつに名乗りを上げた。
勝戦。 対局前は誰もが晩成高校の勝利を予想していた。 だが、先鋒戦から阿知賀が飛び出し、次鋒、中堅、副将と着実にリードを広げていく。 大将戦でリードを守り抜けば、インターハイ出場の目標を達成することができる。 しかし王者、晩成は土壇場で阿知賀に詰め寄って来た。 そして運命のオーラス、穏乃の中で何かが目覚め始める。 満貫をツモって勝負あり。 阿知賀は10年ぶりのインターハイ出場を果たす。

イメージ 1
麻雀部が発足

イメージ 2
県予選に向けて

イメージ 3
しかしライバルは手強い

イメージ 4
大将となる穏乃

イメージ 5