anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

世界でいちばん長い写真

2018年作品、草野翔吾監督、高杉真宙 武田梨奈 松本穂香 水野勝出演。

高校の写真部に所属する内藤宏伸(高杉真宙)は引っ込み思案がたたり、部長の三好奈々恵(松本穂香)に怒られるばかりの日々。 人物写真をテーマにした写真品評会も、人を撮るのが苦手な宏伸にとっては苦痛でしかなかった。 そしていつも最優秀賞をもらうのは部長の三好だった。
ほとんど籍だけを置いている出席率の宏伸は “ノロブ” と呼ばれ幽霊部員状態だがが、一往復部長を任せられている。
彼は本当はクラス委員になりたかった。 しかし三好が立候補したことで、彼の気持ちはめげてしまう。 そんなことを、館沼淳(前原滉)、津本敬太郎(田村杏太)と3人でいるところに声を掛けてきたのが宏伸の従姉の竹中温子(武田梨奈)だった 。送ってあげるという言葉の裏には、リサイクルショップに搬入する荷物の手伝いをさせる魂胆があった。 手伝ってくれたお駄賃で、何かお礼に店の物をもって行っていいといわれ、宏伸はあるものを見つけるのだった。
それはなんとも古めかしいカメラだった。 乞われているのかもわからない時代物で、貴重なものであることまではわかるが、正体のわからないカメラ。 その日はあまりの重さで持ち帰ることが出来なかったので、後日温子の車で運ぶことにするが、まずはそのカメラが何なのかを聞こうと、近所の写真館の店主・宮下賢一(吉沢悠)を訪ねる。
慎重にカメラを調べる宮下。 そして彼が言うには、はそのカメラは、写真が360度撮れるように改造された世にも珍しいパノラマカメラだということが判明。 宮下に使い方を教えてもらい、宏伸は360度撮影を初めて経験するのだった。
そして、今まで鬱屈していた宏伸は急に生き生きとしてきた。 その微妙な変化を感じたのが三好だったが、彼女にはこのことを言わないように、淳に口止めをする宏伸だった。
360度撮れるといっても、じゃあそんな映像を撮るにふさわしい場所の選定が難しい。 次の日から360度撮影に好適な景色を探し、街を自転車で駆け巡る宏伸。 やがて、ようやく辿り着いたのは温子の旧友・小出智也(水野勝)が育てるひまわり畑であった・・・

これはすがすがしい作品、上映館は少ないんですが、これは見るべき作品、人生における大きな出会いが描かれています。
監督は草野翔吾、「にがくてあまい」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14427016.html という作品を一昨年見ていますが、この作品もちょっときらっと光る作品でした。 若手監督で、今後もっと良い作品を撮れる期待の監督ですね。
主演は高杉真宙、近作は 「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15414160.html ですね。 どんどん映画出演が続くようです。
そして松本穂香、彼女は 「ひよっこ」 で一躍脚光を浴びましたが、「青空エール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14373565.html にちょこっと出ていたようです。彼女は演技もしっかりしていて、楽しみですね。
そして良い役をしていたのが従姉の温子役の武田梨奈ですね。 最近はアクション封印で、女優として勝負ですが、今作も良かったです。 近作は 「ドクムシ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15538354.html ですね。

今作は、卒業を控え、自分の進路に思い悩む時の、高校生の心理を描いた作品。いろんな部活動がありますが、どこかで区切りをつけて、受験勉強に行くその境目が文化祭かもしれません。
そして宏伸はこのカメラで文化祭であることをしようということになって行きます。
パノラマカメラという視点は面白いですね。 どういうメカニズムで、幅広い写真が取れるのかは、なかなか理解できませんが、この後、そのカメラの持ち主や、さらに凄いカメラの登場、そして最後の一大プロジェクトは素晴らしい。
そしてもうひとつ温子は誰と結婚するのか? そのあたりがなかなか見所です。

イメージ 1
パノラマカメラとであったノロ

イメージ 2
憧れのエリカが褒めてくれる

イメージ 3
そして見つけたひまわり畑

イメージ 4
見事な写真が撮れ

イメージ 5
生き生きとし始めるノロ

イメージ 6
そして文化祭のあとある試みを

イメージ 7