anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

真夜中のパリでヒャッハー!

2014年作品、ニコラス・ブナム 、 フィリップ・ラショー監督、フィリップ・ラショー アリス・ダヴィッド ヴァンサン・ドゥサニア タレック・ブダリ出演。

フランス・パリ。 フランク・アモリー(フィリップ・ラショー)は、マンガの出版社 『ショデル』 に勤務する29歳の男性。 マンガが昔から大好きで、いつか自分のマンガを出すのが夢だった。 フランクには幼馴染みのよき親友がいて、サム(タレック・ブダリ)とアレックス(ジュリアン・アルッティ )だった。 3人は大人になってからも、いつも遊んでいた。
最近では友だちみんな、フェイスブックをしていて、今日、6月25日はフランクにとって大事な日だった。 とうとうフランクは30歳に突入するのだった。 アレックスが配達しがてら、フランクを撮影しにくる。 アレックスは配達の荷物の中にビデオカメラがあったのを、すっかり自分のものにしていた。
フランクは同じ受付係のエステル(シャルロッテ・ガービス)にことわって仕事を抜け、同じビルの社長室へ行く。 自分の描いたマンガを売り込みに行くためだったが、エレベーターで生意気な少年(エンゾ・トマッシーニ)と乗り合わせたフランクは、少年が映画 『スクリーム4』 を見ているので、エレベーターを降りるときに 「犯人は従姉妹」 とわざとネタバレをして降りていく。
ショデル社長(ジェラール・ジュ ニョ)に会に行くが彼は多忙だった。 フランクのマンガを見る時間もなく、会社を出ないとならない。 そんな時、1階ロビーにおりた時、ショデル社長に電話がかかってきた。 社長はこれから妻と共に授賞式に出ねばならないのだが、ベビーシッターが地下鉄で襲われて、全治3週間のケガを負ったそうだ。
困った社長は、フランクに 「月曜日にマンガを見てやるから、子守を頼む」 と言うのだった。 あとでサン=ジェルマン=アン=レー(住所)へ来いと告げる。
サムとアレックスは、フランクの誕生日を祝ってくれるつもりだった。 しかしフランクは子守の仕事が入ったと断り、電車に乗って社長の家へ行く。 社長の家は立派な一軒家だった。 妻・クレール(クロチルド・クロ)が魚とオウムには餌をやったと言い、息子のレミを引き合わる。
しかし、息子のレミは、エレベーターでフランクがネタバレした、あの生意気な少年だった。 初対面のイメージはお互い最悪だ。 レミは父親にサッカーの試合を見に来てくれと言うが、社長の帰りは翌日の午後6時。 無理だと息子に答える。
フランクは社長からシッター代を渡された。 出て行く社長に、口うるさい初老男性の隣人が 「植木の高さが2m10cmを超えている」 と文句をつけるのだった。
社長夫妻が家を出て2人きりになったフランクは、レミの部屋に行って仲良くしようと言うが、エアガンで撃たれて退散しする。 前途多難だった。
1階のテレビで映画 『ディパーテッド』 を見ていると、レミがやってきて 「遊園地へ行きたい」 と言う。 外へ出してはならないと母・クレールに言われているのでフランクがダメだと言うと、レミは帽子の飾りで中指を立てる。
「ディカプリオは死ぬ」 とネタバレのお返しをして、レミは部屋へ引き上げる。 しかしこの後サムとアレックスがやってきて地獄が始まるのだった・・・

この題名は? どこかで見たことがある、そうあの作品 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14590834.html の前作に当たるんですね。
監督はニコラス・ブナム 、 フィリップ・ラショー、ラショーは主演もしていて、次の作品も同じですね。
そしてヒロイン役はアリス・ダヴィッド、もちろん次作も出演します。
ヴァンサン・ドゥサニャはエルネスト役で次作と、「ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15057660.html にも出演しています。

物語は、マン画家志望のフランクが、何とか社長に認めてもらおうと、悪戦苦闘するお話です。 しかしそのために引き受けた子守が自分の誕生会の日とかち合ってしまい、悪友がとんでもないことをしでかしてしまうというお話です。
リッチな社長夫妻、ただ忙しくて息子の世話は、奥さんとベビーシッター任せなんですね。 息子は何とか自分のサッカーをしている姿をパパに見せたいんですね。 でもなかなかそうはいかず、ひねくれてしまいます。
そこに現れたフランク、全く取り合わない関係ですが、フランクのおばかな友人たちが大挙して押しかけ、それが意外にレミに刺激が与え られるんですね。 でも彼はちょっと喘息?持ちなんですね。
この作品、おバカな展開に定評があるんですが、それでいてPOVで、その奮闘劇が明かされていくというスタイルなんですね。 次作もそうでしたが、このスタイルがなかなか面白いんです。 続編もあったら必見です!

イメージ 1
社長に会いに行くエレベーターであった少年

イメージ 2
社長に待たされる

イメージ 3
そして子守だったが

イメージ 4
誕生会に突入

イメージ 5
レミも繰出し夜の街に

イメージ 6