anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

神様の思し召し

2015年作品、エドアルド・ファルコーネ監督、 マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン出演。

今日も完璧なオペで、患者の命を救った心臓外科医のトンマーゾ(マルコ・ジャリーニ)は、医師としては優秀ながら、傲慢な性格と容赦のない毒舌で周りからは煙たがられていた。 オペには絶対な自信がある半面、部下の医師にはまったく手伝い意外はさせない徹底ぶりだった。
さらに、プライベートでは妻・カーラ(ラウラ・モランテ)との仲が倦怠気味の上に、お気楽な長女・ビアンカ(イアリア・スパーダ)はサエない男・ジャンニ(エドアルド・ペッシ)と結婚。 それでも、頭脳明晰な長男・アンドレア(エンリーコ・オティケル)が医師を継いでくれれば満足と思っていた。
しかしアンドレアは、ここ毎晩男友達と出かけてしまう。 そしてアンドレアは、ある日家族全員に聞いてもらいたいことがあるので集まってほしいと言い出すのだった。
トンマーゾは、てっきり息子はゲイで、それをカミングアウトするものとばかり思ってしまい、家族に根回しをして、何を言われても動揺しないで温かくしてやれと言う。
しかしアンドレアが言い出したことは、“神父になりたい” ということで、そのために神学校に通うと宣言するのだった。 予想とは違う言葉に動揺を隠せないトンマーゾ、その場は冷静に事を収めたが、医師にさせようと思っていた彼の計画がふっ飛んでしまう。
表向きは物分かりのいい振りをする一方で、独自の調査に乗り出すトンマーゾだった。 まず毎晩行くところを、ジャンニのバイクの後ろに乗って後をつけ、そこはある神父の説教の場・教会だった。
やがて、派手なパフォーマンスで人気のピエトロ神父(アレッサンドロ・ガスマン)が現れ、集った信者になんとも型破りの説教を始めるのだった。 しかしその話は誰もがひきつけられる話術で、一緒に行ったジャンニも思わず拍手をするほどだった。 このままではまずいと思ったトンマーゾは、さっそく対策を練るのだった。
まずはピエトロとはいったいどういう人物なのか、ジャンニの知り合いの貧乏探偵に神父を探らせることにした。
そして神父の意外な過去がわかりトンマーゾはある計画を練るのだった…

イタリア発のハートフルコメディ、これはなかなか笑って最後泣ける作品でした。 監督はエドアルド・ファルコーネ、元は脚本化ですがこれが初監督作品のようですね。もちろん今作も脚本を兼ねています。 だからでしょうか、短い作品ですがしっかりした物語となっており、この後始まるトンマーゾとピエトロのおかしな関係の持って生き方が実に上手かった。
主演のトンマーゾ役にはマルコ・ジャリーニ、私は初めて見るのかも、ピエトロにアレッサンドロ・ガスマン、「トランスポーター2」 での悪役を演じていました。 そして妻のカーラにラウラ・モランテ、彼女は多くの作品に出ているようですね。
物語は、なんとか医師の道に戻したい、トンマーゾの涙ぐましい計画が始まります。これがなかなかいじらしいし、エゴ丸出しですが何か可愛いんですね。 手っ取り早くピエトロを貶めようとするんですが、計画通りに行かず却ってトンマーゾが窮地に陥るのがまた楽しい(^^)
これラストがまた良いんですね。 衝撃の展開になるんですが、悲惨な展開ではなく逆に心穏やかに、すべてを天に任せるような流れになっていきます。
“きっと大丈夫” そんな心持にさせてくれる展開でした。

イメージ 1
倦怠期に思い悩む妻

イメージ 4
息子から話があると言うので、娘夫婦と

イメージ 2
息子の重大発表

イメージ 3
息子はこの神父の集会に

イメージ 5
そしてある計画を・・・

イメージ 6