anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀

1990年作品、トム・サヴィーニ監督、トニー・トッドパトリシア・トールマン出演。

亡き母の墓参りに兄のジョニー(ビル・モーズリー)と来たバーバラ(パトリシア・トールマン)、ジョニーは妹を脅かそうと、怖がらせるばかりだった。
そこに頭を怪我した老人が現れる。ちょっとびっくりした二人だったが、その後、突然現れたゾンビたちの群れ。 ジョニーは必死に妹を守ろうとしたが、ゾンビと一緒に倒れたときに墓石に頭を打ち付け死んでしまう。 残されたバーバラは必死に逃げるが、執拗に追ってくるゾンビたち。
近くの一軒家に逃げ込んでやっと難を逃れたと思った時、その家にも肥ったゾンビがいた。 さらに外からも続々とゾンビたちが、もうだめかと思った時、1台のトラックが走ってきた。
町からやって来たベン(トニー・トッド)だった。 2人でゾンビたちと戦い、何とかそこにいたゾンビたちを退治し、その家に立て籠もった。 しかし車はガソリンがもう無く、ここにいるしか手が無いのだった。
ベンは、街で起こった出来事をバーバラに話す。 街は壊滅状態で、この原因もわからない。 なんとか銃を手に入れようと家の中を物色するのだが。
その時、その家の持ち主の甥のトム(ウィリアム・バトラー)と恋人ジュディ(ケイティ・フィナーラン)、隣人ハリー(トム・トールズ)とその妻・ヘレン(マッキー・アンダーソン)と娘のサラ(ヘザー・ネイザー)も逃げ込んできたのだった…

オリジナル未見のまま、このサヴィーニ監督版を観てみました。 どうやら内容的にはほぼほぼ一緒のような感じらしいです。
いつかオリジナル版も見たいですが、元がやっぱりロメロ監督なんで、さすがにしっかりしたゾンビ作品であり、怖さもあるし、また人間側のドラマも秀逸ですね。
主役はトニー・トッドと、パトリシア・トールマン。 閉じ込められた民家という設定なんですが、そこに至る過程もスリリングなんですね。 そしてトムたちが来た後、いよいよ人間ドラマになっていくんですね。
でもこの田舎の地では、世界が、街がどうなっているのかはなかなか情報が入らず、テレビ、ラジオで断片的にしか聞けません。 唯一町から逃げてきたベンが、ゾンビの特徴、そしてそれに対する人間たちの反応を知っています。
初めは逃げていて取り乱していたバーバラが、どんどん成長?していく姿が結構面白く、最後は立派な女戦士でした。
全滅で終わりだったり、破滅的なエンディングがお決まりのゾンビ作品が多い中、このラストはちょっと変わった感じで、ドラマ性が非常に高い結末でしたね。
ベンの生き様がなかなか良かった。
でもどうしてオリジナルは日本公開がなかったのか? なかなか質の高い作品でした。

イメージ 1
墓参りの時いきなり現れたゾンビ

イメージ 2
バーバラは車の中に逃げ込むが襲い掛かられる

イメージ 3
さらに逃げ込んだ一軒家でも

イメージ 4
街から車で来たベン、そして逃げ込んできたトムたち

イメージ 5
必至に食い止めるベン

イメージ 6