anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アフタースクール

2008年作品、内田けんじ監督、大泉洋堺雅人出演。

中学時代の思い出、下駄箱で手紙を渡されたのは木村一樹。 
もうすぐ子供が生まれる美紀(常盤貴子)、心配そうに見つめる今の一樹(堺雅人)。マンションから出ると一樹は友達の神野良太郎(大泉洋)の車を借り出勤していった、と思われた。 神野は美紀のために買い物をして届けてきたのだった。 
神野は中学の教師をしているが、今は夏休みで結構時間があるのだった。 一樹はホテルである女(田畑智子)と会っていた。 そして一樹はその日会社を休んだ。 
一樹の会社の同僚にその時を写真にとられてしまったが、それに目を付けたのが彼の会社の社長の側近の唐沢(奥田達士)だった。 すぐさま社長の大黒(北見敏之)に報告すると、すぐさま大黒は一樹を探せと唐沢に命令をするのだった。
そしてその行方を追う依頼を受けたのが、怪しい探偵の北沢雅之(佐々木蔵之介)だった。 彼は大人のおもちゃ屋をしており、危ない仕事を結構請け負うことが多かった。
しかし何かとヤクザに目を付けられ、金が入れば高跳びしようと思っていた。 そこに来たのが唐沢だった。
金になると思った唐沢は、この仕事に力を入れるのだった。 その頃美紀が産気づいてしまった。 一樹がいないので神野のところに電話がかかってきた。 大急ぎで駆けつけ病院に運ぶ神野、間一髪間に合い無事に出産が終わった。 しかし一樹は捕まらない。 いったい彼はどこに行ったのか? そしてなぜ彼の会社は怪しい探偵に彼の探索を頼んだのか?・・・

ここまで書いてもなにがなんだかさっぱりわからないですよね。
主役は堺雅人なのか、大泉洋なのかそれも途中まではわかりませんし、こうだろうと思っている設定がどんどん裏切られていくところがこの映画の面白いところです。
しかし最後の爽快感、ほっとするエンディングが素晴らしい作品ですね。
これも大泉洋がかっこよすぎるところですが、見ていて気持ちいい騙されかたでした。 あまりたくさん出てきませんが、田畑智子が綺麗な役ですね。
内田監督は今公開中の「鍵泥棒のメソッドhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8500048.html の監督ですが、これを見ると新作である公開中(そろそろ終わっていますが…)の作品も見たくなりますね。 そんな小気味いい映画でした。

イメージ 1
出産間近の美紀

イメージ 2
美紀の事良太郎に頼む一樹

イメージ 3
しかし一樹はこの女と会っていた

イメージ 4
そして現れた謎の探偵と良太郎

イメージ 5
話しは思わぬ展開に

イメージ 6