anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ワンダーストラック

2017年作品、トッド・ヘインズ監督、オークスフェグリジュリアン・ムーア ミシェル・ウィリアムズ ミリセント・シモンズ出演。

1977年、12歳の少年ベン(オークスフェグリー)は母親エレイン(ミシャル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしていた。 父親とは会ったことがないベンに、エレインは 「いつか話すから」 と言いながらも、なぜか父の名前すら語ろうとしなかった。
ある嵐の夜、母の遺品にあった “ワンダーストラック” という、ニューヨークの自然史博物館の古い本を見つける。 その本のなかにはキンケイド書店のしおりが挟まれており、「愛を込めて、ダニー」 と記されていた。 それを見たベンは父親の手がかりだと直感する。 そしてそれに書いてあった電話番号に電話を掛けようとした時、落雷が起き、彼は感電をしてしまうのだった。
1927年、生まれた時から耳の聞こえないローズ(ミリセント・シモンズ)は、両親が離婚し、厳格な父親に育てられていた。 そんな父親とは心が通じ合えない少女ロー ズは、毎日が孤独の日々だった。
彼女の唯一の楽しみは、憧れの女優リリアン・メイヒュー(ジュリアン・ムーア)の映画を観て、リリアンを紹介した記事をスクラップするのが少女ローズの宝物だった。彼女は障碍を持っていたため、みんなと同じ学校に通うことは禁じられ、家庭教師から勉強を教えてもらっていた。 それも彼女の孤独感を支配する一つだったのだ。
事故に遭ったベンは、一命を取り留めるも、聴覚を失ってしまう。 そして彼は一大決心をして、しおりを頼りにニューヨークに病院を抜け出して向かう事ににするのだった。
ローズもも憧れのリリアンに会うため、独りニューヨークへと旅立つ。
時を隔てた二人がニューヨークに向かう。 二人の関係とは?…

生まれつき聴力の無いローズ、事故で聴力を失ったベン、50年の歳月の離れがあるにしても、ニューヨークに向かう二人のお話です。
監督はトッド・ヘインズ、監督作品は 「キャロル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13904507.html 以来ですね。
主演はベン役でオークスフェグリー、「ピートと秘密の友達」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14639786.html でピート役でした。
ローズ役でミリセント・シモンズ、ことしホラー作品が公開されるようですね。

物語は50年の隔たりこそありますが、同じようにニューヨークを目指す二人の少年少女のお話です。 環境は、ローズの方は聴力がない彼女を家におしこめている父から逃れたい、憧れのリリアンに会いに行くというお話。 しかしこのリリアンというのは、彼女にとって大切な存在なんですね。
一方、50年後のベンは、会ったことにない父を捜しに、病院を抜け出してその書店を目指していくんですね。
しかし共通するのは、二人とも、目的通りに行かず、あるところに同じように行き、そこでそれぞれ、別の人間と出会うという流れになっていきます。 そしてその人間との出会いが、それぞれに人生を変えていく、そんな物語ですね。
1927年部分はモノクロなんで、画面が変わることで、時代がわかります。 特にベンは、今まで普通に聞こえていたんで、手話ができず、会話は書かないと通じないんですね。 声は出せますが、自然と大声になってしまいます。
この題名の “wonder struck” と言うのは直訳では 「驚きの念に打たれた」 と、日本語では表現しづらい感じの言葉です。 しかし、二人の因縁が明かされるときのちょっとした衝撃、これを表現していると思うと、なかなかの原題だと思います。
ちょっと不思議な感じさえ受けますが、映画自体は人生の運命的な不思議という側面もありますね。 特に1977年のベンは、親戚はいますが彼は基本一人ぼっち、ここニューヨークでの新しい生活の予感もします。
人生の不思議をちょっと感じる作品です。

イメージ 1
母に父の事を聞くが

イメージ 2
いずれ話すと言ってなくなってしまう母

イメージ 3
そして聴力を失ったベンは父に会いにニューヨークに

イメージ 4
息苦しい実家が嫌なローズ

イメージ 5
彼女もニューヨークに

イメージ 6
そこで兄を訪ねる

イメージ 7