anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アンタッチャブル

1987年作品、ブライアン・デ・パルマ監督、ケヴィン・コスナー ショーン・コネリー チャールズ・マーティン・スミス アンディ・ガルシア出演。

1930年、9月。 エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)が、財務省から、ここシカゴに特別調査官として派遣されてきた。 禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。
中でもアル・カポネロバート・デ・ニーロ)のやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。 カポネ逮捕の使命感に燃えるネスだったが、密造酒の情報を掴んで踏み込んだところに酒は無く、そこには傘が保管されていた。 すっかり情報が洩れていて、ネスは出し抜かれたのだった。 ネスは警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する。
彼には部下が必要だった。 そんな彼は、初老の警官ジミー・マローン(ショーン・コネリー)に目をつけた。 カポネの力を実感しているマローンは、はじめは躊躇するが、ほどなく協力することになる。 多くの修羅場をくぐってきたマローン から、ネスは多くのことを学んだ。 家族を愛するネスにとって、独身の仲間は好もしかった。
家族を危険にさらされるのはネスには耐えられないことだ。 やがて、警察学校からの優秀な若者ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)がスカウトされてやってくる。 さらに本省からは、ネスの部下としてオスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)が派遣されてくる。
巨大なシンジケートをかかえるカポネと、ネスら4人との対決が始まった。 最初の摘発は郵便局だ。 彼ら4人が散弾銃を片手に摘発し、翌日の新聞では、初めての大量逮捕を大きく取り上げ、彼らは “アンタッチャブル”(手出しのできぬ奴ら) という異名を馳せる。
だが、そのことは、カポネの怒りを買い、カポネの右腕と呼ばれる殺し屋フランク・ニティ(ビリー・ドラゴ)がネスの身辺に現われる。
賄賂による籠絡を拒否したネスは、妻キャサリンパトリシア・クラークソン)と愛娘の安全を苦慮し、家族を直ちに脱出させた。 アンタッチャブルの捜査は続き、ネスは、シンジケートの帳簿を手に入れる。 
それこそカポネに致命的なダメージを与える証拠となるものだった。 しかし肝心の部分は判読出来ない暗号になっていた・・・

アル・カポネを題材にした作品は結構ありますが、やはり禁酒法が施行されたアメリカの歴史は、描きがいのある時代なんでしょうね。
監督はブライアン・パルマ、このころの作品では 「カジュアリティーズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7958083.html がありましたね。
主演はケヴィン・コスナー、近作は「ドリーム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15165911.html でしたね。
そしてショーン・コネリー、もう作品には出演はありませんが、記事にした中では、「マーニー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13015922.html がスキかもしれませんね。
カポネ役でロバート・デ・ニーロ、「ダーティ・グランパ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14671241.html が近作ですね。

物語は禁酒法時代に強大な権力を持っていた、アル・カポネ財務省から来たネスとの戦いを描いたお話です。 ネスは警察官ではないところがこのお話の面白いところ、ベテラン警官のマローンに捜査のやり方、ノウハウを学んでいきますが、いざ修羅場になった時の機転、張ったりなんかは、さすがにベテラン刑事なんですね。
でも、アル・カポネはそんなに甘い存在ではなく、強烈な殺し屋を雇い、ひとりひとり狙ってきます。 このフランクが何とも怖いんですよね。 オスカーがやられ、マローンもやられ、しかし最後にネストの対決はちょっとしたアクション作品の様相も見せてくれます。
3回目に見直しましたが、わかりやすく面白いサスペンスですね。

イメージ 1
ネスがやってくる

イメージ 2

イメージ 3
しかし初めての捕り物は大失敗

イメージ 4
そこで彼はチームを組む

イメージ 5
次々と功績を挙げるが

イメージ 6
カポネの反撃が始る

イメージ 7