anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

青空どろぼう

2011年作品、阿武野勝彦 、 鈴木祐司監督。

四日市ぜんそく” の発生地、三重県四日市市磯津。 82歳の澤井余志郎さんは1966年からこの町に通い、公害の記録を続けている。 四日市は人口31万人、三重県最大の都市であり、海辺のコンビナート地帯には300 本の煙突が林立する。
55年前、三重県四日市市が軍需工場の跡地に石油化学工場を誘致するが、その工場が排出する亜硫酸ガスによってぜんそく患者が発生。 1967年9月には野田之一さんたち磯津の患者9人が企業6社を相手に裁判を起こす。 澤井さんの協力もあって、5年に及ぶ裁判の結果、1972年7月に原告勝訴。 損害賠償に加え、企業に対して公害対策を義務付けた結果、大気中の亜硫酸ガスも環境基準をクリアするまでに減少した。
これと前後して1971年9月、ぜんそくの子供を持つ母親など100 人が原告団を結成。公害の発生源そのものの撤去を求める第二次訴訟が動き出したものの、金銭交渉へと切り崩され、“青空を取り戻す裁判” は幻に終わる。
1973年、公害病認定制度が成立。 2010年11月現在で四日市市公害病認定患者は459 人、このうち磯津地区の患者は63人である。
1988年、経済界の圧力によって認定制度は廃止され、以後、公害病認定は行われていない。 新たな認定患者はゼロとなり、公害病認定患者は死亡減少という形で徐々に数を減らしている。 だが独自調査の結果、600 世帯ある磯津地区では10 世帯に1 世帯がぜんそく患者を抱えている事実が判明する。
2010年夏には、四日市港ナイトクルーズが就航し、新しい魅力をPR したいと意気込む四日市の政財界は公害を過去のものと捉えている。 澤井さんは、日本の公害対策のエポックとなった四日市公害裁判を企業や行政、住民が忘れ去ること最も危惧している。 コンビナートはまだ磯津の対岸に存在している。 澤井さんは今もなお、関心と監視を継続しなくてはならないと記録を続ける。

監督は阿武野勝彦 、 鈴木祐司の共同監督。
水俣病イタイイタイ病、そして四日市ぜんそく、私の子供のころは公害病で有名だった3つですね。 そしてこの補償、対応をめぐり長き裁判が行われていました。
水俣病はなにかの作品、報道特番を昔見た覚えがありますが、四日市についてはあまり見た事がなかったです。 東海テレビならではの特集、歴史検証ですね。
私も仕事で通ることがある四日市、取引先もありますし直接は関係がありませんが、結構なコンビナート地区ですね。
今でこそ煙突から出る煙は水蒸気で、白い気体が出て来るようになりましたが、昔はこれが黒い排煙だったんですね。 そりゃ空も暗くなるし、晴れの日が拝めなくなるでしょう。
しかし生産活動優先、雇用優先、そんな高度経済成長優先の日本、辛いのは、そんな地場での大量な雇用には、もしかしたら自分の家族が健康被害を負っているその原因の工場で働いているお父さんも多くいたでしょう。
そして痛ましいのは喘息の発作で亡くなる人が多く出た事、市と直結する健康被害は今だったら重大な過失致死ですが、当時はその因果関係を巡って裁判で争っているなんて、常識も今とは全く違う。
日本の化学会社は、今でこそ当たり前の公害処理設備をつけていますが、そのためのユーティリティーに多くのコストをかけています。 工場だけでなく、いろんなところから出るごみの焼却にだって空と廃水に多くのコストをかけています。 経済から人命に、大きく流れが変わった分岐点ですが、そこには人の命の尊い犠牲があったということ。
裁判が全面勝訴で勝ちはしましたが、しかしこれが継続され、しっかりと持続調査されるのはまた別の問題になっています、当時は。 日本でもまだたまに、廃棄物、廃水で問題を起こす事例は0ではないですが、基本は厳重に管理しています。
しかしお隣の中国は、まさに今その問題に直面していますね。 健康被害は、おそらく当時の日本の比ではないくらいでしょう。 公表されませんが、どれだけの死者が出ているかは、何となく感じられます。
世界の工場の中国も、50年前の日本が味わった健康か経済かの選択を迫られているんでしょうね。

イメージ 1
公害の歴史を忘れないために

イメージ 2
子供たちに同じ目にあわせないために

イメージ 3
コンビナート

イメージ 4
今では厳しい管理で、白い煙が

イメージ 5