anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ファイナル・デッドサーキット

2009年作品、デヴィッド・リチャード・エリス監督、ボビー・カンポ シャンテル・ヴァンサンテン ミケルティ・ウィリアムソン ニック・ザーノ出演。

サーキットを見に行ったニック(ボビー・カンポ)、ローリ(シャンテル・ヴァンサンテン)、ハント(ニック・ザーノ)、ジャネット(ヘイリー・ウェヴ)の友人4人。
ニックは何となくこのサーキット場の古さが気になっていて、壊れそうな椅子、柱のひびが目についていた。 そしてその時、これから起こる大参事の予知の幻覚を見てしまう。
いきなりこれから起こるだろう小さな現象を言い当て、その通りになると、彼はすぐさまサーキット場の観客席から逃げ出し始める。 そして、騒ぎを起こし、サーキット場から追い出されてしまうのだった。
ニックと一緒に外に出た恋人のローリ、ハントとジャネットのカップル、警備員のジョージ(ミケルティ・ウィリアムソン)、ナディ ア(ステファニー・オノレ)とアンディ(アンドリュー・フィセラ)のカップル、カーター(ジャスティン・ウェルボーン)、2人の子供の母親サマンサ(クリスタ・アレン)が助かった。
だが彼らの目の前で、爆発によって吹き飛んできた瓦礫に潰されてナディアが命を落とす。
やがて、ニックはその都度都度で予知夢を白昼見るようになっていく。
事故で妻を失ったカーターは、警備員のジョージに怒りを感じ、嫌がらせをしようとしていた時、不慮の事故で命を落とす。 そしてサマンサも不慮の死を遂げる。
その死の連鎖を感じたニックは、ローリ、ハント、ジャネットにサーキット場での死から逃れられないと打ち明ける。
そして死の順番を知るために事故現場に向かうニックとジャネットは、自分のせいで家族を失った過去を持つジョージと再会し、行動を共にするようになる。
死の順番を変えることが出来れば運命から逃れられると気が付いた彼らは、ニックの記憶にある次の犠牲者を助けるべく、アンディのもとへ急ぐ。
アンディとハントは救えなかったものの、ジャネットを助けたことで全て終わったと喜ぶニック、ローリ、ジョージ。 だが、もう1人の生存者 であるカウボーイハットの男、ジョナサンがいたことに、彼らは気が付いていなかった・・・

さて4作目のこの作品は3Dで製作されました。 これは立体的に見ると凄まじかったでしょうね。
監督はまた戻り、デヴィッド・リチャード・エリスとなっています。
主演はボビー・カンポ、初めて見ると思います。
物語の導入部分の場所は今回サーキット場、邦題はそこから来ているという事ですね。 サーキット場では、車のクラッシュはある意味起こります。 しかしその被害が観客のいる場所まで、飛び込んでくるという事が起こりうるんでしょうか?
なかなかそういう事例は知りませんが、確かにあってもおかしくない気がこの作品を観ると思いますね。
今作は、脱出し た直後に、早くもナディアが死んでしまうんですね。 助かった直後に命を落とす、もう容赦ない感じの死の脅威ですね。
そして、ニックは死の順番を探るため現地に向かうんですが。
なかなかファンの多いこのシリーズ、正直殺され方が、なんとも執念深い感じがやはり病み付きになるんでしょうね。
新作の予定が噂になりましたが、製作の確定情報はありませんね。
私の初期の記事で4作いっぺんに取り上げ、その後5作目を上げたんで、これでようやく書き直すことが出来ました(^^)

イメージ 1
楽しい観戦になるはずだった

イメージ 2
しかし異変を感じ外に出るが

イメージ 3
瓦礫の直撃を受けるナディア

イメージ 4
そして死が襲い掛かってくる

イメージ 5
順番はどうなっているのか?

イメージ 6