anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

わたしのハワイの歩きかた

2014年作品、前田弘二監督、榮倉奈々主演。

出版社で編集をしている26歳の小山田みのり(榮倉奈々)は日々仕事に追われ、人間関係にも疲れていた。 ハワイのガイドブックを何冊も出しているが、一回もハワイに行ったことのないみのりは、知人の愛子(中村ゆり)がハワイで行う結婚式の二次会のセッティングを頼まれる。 みのりは 「取材」 と称して勤務する出版社の経費で遊んでやろうと計画し、大橋社長(鶴見辰吾)の弱みを握って強引に取材旅行に出かけることに成功する。
ハワイの開放的な空気の中派手にパーティに行ったり飲んだりと満喫するが、どうも苛立ちを消すことができない。 そんな中みのりは、ハワイで働きながら玉の輿を狙いパーティに出続ける茜(高梨臨)と知り合うのだった。
茜は、連日富裕層が参加するパーティーに出かけては結婚相手を探しているが、元彼の冴えない中年男・本間(宇野祥平)にしつこく付きまとわれ、あげく茜の 「婚活」がハワイの社交界で悪く言われているとこきおろされてしまう。 それを聞いたみのりは、本間に対して彼女を本当に愛しているのなら、自分が彼女にふさわしい男を紹介するくらいの無償の愛を見せろと一喝する。
みのりは茜にコーディネーターを頼み現地を取材するとともに、一緒にパーティに参加し、富裕層に自分のビジネスを売り込んでいる勉(瀬戸康史)と親しくなる。 勉はハワイにお茶漬け専門店を開き全米進出を目標にしているが全く成功しておらず、それまでの商売も失敗続きであった。
みのりと勉は愛子の婚約者・塚原(安田顕)の紹介で美食会の集まりに行くものの、富豪の集まるその会は格式が高く、本会が終わった後のカクテルパーティにこそこそと参加しなくてはならず、みのりは気に入らない。
勉も商談がうまくいかず、退屈するみのりは酒を浴びるように飲みながらそのビジネスの中途半端さを批判し、怒った勉は帰ってしまう。 そこでみのりは泥酔して気を失ってしまうのだった。
彼女を介抱してくれたのは財閥の御曹司の阿部(加瀬亮)だった。 実は彼が海岸で空き缶ひろいをしているときにからかわれていたのを言い返してあげてたのだった。 思いもかけない再会から、二人の仲は急速に近くなっていくのだったが…

結婚、妊娠というおめでたい盛りの榮倉奈々ちゃん主演作のラブコメですね。 最近の出演作は、「64」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14213679.html でしたがあくまでも脇役でした。 主演作ではやはり 「アントキノイノチ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8880583.html 「図書館戦争」 シリーズhttps://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9266543.html https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13540857.html https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13542310.html 
ですかね?
監督は前田弘二、「婚前特急」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7253994.html 「夫婦フーフー日記」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13105242.html 「セーラー服と機関銃 -卒業-」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13958788.html とコンプリートです。
物語は多少長いのですが、この後御曹司との仲が進んでいきます。 しかしハワイのセレブ達の姿に疑問を感じていた彼女の心の中には、やはりだんだんとこれじゃない、という感情が湧いてくるんですよね。
そしてとうとう勉と再会をしてしまいます。 彼はみのりの言葉を真摯に受け止め、頑張っていたんですね。
さて彼女が男性を、仕事をどういった選択をしていくのか? 行ったことのないハワイ観光をした気分にもなれる、ラブコメでした。

イメージ 2
取材費を使いまくってハワイ三昧のみのり

イメージ 1
そこで茜と出会い

イメージ 3
さらにハワイを満喫

イメージ 4
お茶漬けを世界に、という青年と出会う

イメージ 5
さらに財閥の御曹司とも出会う

イメージ 6