anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

目撃

1997年作品、クリント・イーストウッド監督、主演。

ヴァージニア州の高級住宅地。大統領の後援者である政界の大物サリヴァン(E・G・マーシャル)の邸宅に忍び込んだ盗みのプロ、ルーサー・ホイットニー(クリント・イーストウッド)は、一家が休暇旅行中に夫人クリスティ(メロラ・ハーディン)の寝室にある金庫室の中身を頂く。
その時、何とクリスティが大統領のリッチモンドジーン・ハックマン)を伴って帰宅。酔った勢いで暴力を振るうリッチモンドに、クリスティがナイフで反撃。 飛び込んだシークレット・サービスのバートン(スコット・グレン)とコリン(デニス・ヘイスバート)が、彼女を射殺した。
大統領補佐官のグロリア(ジュディ・デイヴィス)は、2人に現場の証拠隠滅を命じ、事件の揉み消しを図る。 金庫室に隠れて一部始終を目撃したルーサーは、彼らが現場に忘れたナイフを手に逃走。
事態に気づいたバートンとコリンの追跡を振り切って逃げきった。 目撃を名乗り出ると窃盗の罪に問われる上に、現職大統領が殺人の張本人だという話を誰が信じてくれよう。 ルーサーは悩んだ末に国外逃亡を決める。
一方、サリヴァン邸強盗殺人事件を担当する刑事のセス・フランク(エド・ハリス)は、辻褄の合わない事件の筋書きに頭を悩ませる。 水も漏らさぬ鮮やかな手口は明らかにルーサーの犯行を示唆しているものの、彼が殺人を犯すとは考えられない。 だが、ルーサーと直接対面したフランクは、彼が何かを知っていると確信。 翌日、ルーサーは空港で搭乗を待つ間、テレビでリッチモンドホワイトハウスで開いた記者会見の中継を見る。
盟友ウォルターの夫人の死を悼み、白々しく涙を流すリッチモンドの姿を見た時、ルーサーの腹は決まったのだ。
彼は大統領の化けの皮を剥がすべく、得意の変装術を駆使して、事件に関わる人間たちに捨て身の揺さぶりをかける。 ルーサーは、離れて暮らす最愛の娘ケイト(ローラ・リニー)とカフェで接触する。 大統領が雇った殺し屋とコリンが彼を狙撃するが失敗に終わり、ルーサーは逃亡した。 コリンは、今度はケイトを狙い、崖から車ごと突き落とすのだった…

監督、主演ともイーストウッドのちょっとした冒険活劇ですね。 なんとなく 「ルパン三世」 のような感じという風に見ていましたが、原作はデイヴィッド・バルダッチの「Absolute Power」 という小説という事ですね。
大統領にジーン・ハックマン、そして彼を守る女性補佐官・ブロリアにジュディ・デイヴィス、そして事件に何かおかしいと感じる刑事にエド・ハリスという渋い役者陣を配置しています。
ジュディ・デイヴィスは 「天才スピヴェット」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12416034.html では、面白役を演じていましたね。 またジーン・ハックマンの大統領役が何とも不自然ですが、この作品では頷ける人選なのかもしれません。 はっきり言って悪役ですからね。
物語はやり手の泥棒ルーサーのたった一人の反撃ですが、ここが何となくルパン三世のような感じを受けるんですね。 国家相手に戦いを仕掛け家族を守ろうとするルーサー、ただ彼は泥棒なんで、逆にその手練手管は、優れているのかもしれませんが。
サスペンスで荒唐無稽ですが、泥棒役のイーストウッドも貴重かも(^^)

イメージ 1
大統領のリッチモンド

イメージ 2
彼を守るグロリア

イメージ 3
そして事件が起こりSSが証拠隠滅を

イメージ 4
泥棒のルーサーが目撃者

イメージ 5
娘のケイトも狙われる

イメージ 6