anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

キセキ -あの日のソビト-

2017年作品、兼重淳監督、松坂桃李菅田将暉出演。

ミュージシャンのジン(松坂桃李)はメタルバンドを、トシオ(奥野瑛太)たちと結成していた。 ライブハウスで、必死にステージをこなす中、つい興奮して客と喧嘩をしてしまい、厳しい父・誠一(小林薫)に殴られてしまう。 誠一は、決してジンの音楽を認めようとしないのだった。
一方、弟のヒデ(菅田将暉)は、父の跡を継ぎ医者になるため、医大を目指して受験勉強に励んでいた。 母の珠美(麻生祐未)はいつも子供たちのことを心配しているが、一旦父が爆発したらなすすべがなかった。
真面目に勉強をしているヒデだったが、彼は医大に落ちてしまう。 てっきり合格祝いをしようと、母と姉のふみ(早織)は極上の肉を買ってきたが、父を交えた食卓は残念会になってしまったが、ジンはバンド活動で不在だった。
ヒデも兄と同じで音楽に興味があった。 しかし彼の聞く音楽はちょっと違い、今彼が嵌っているのは海援隊、CDを買いに行ったヒデは、レジの女の子・理香(忽那汐里)にCDを出すが、意外に彼女も海援隊は嫌いではなかった。
そんなジンにメジャーデビューの話が来た。 ライブハウスでの彼の演奏を見た、音楽プロデューサーの売野(野間口徹)が声をかけて来たのだった。 この機会に父の理解を得ようと音楽を本格的にやりたいと言うが、父はジ ンの音楽を頭から否定する。 そしてジンはこのタイミングだという事で家から出ていくのだった。
予備校に通い始めたヒデだが、模擬試験は散々な結果に終わる。 そして彼は外科医師をあきらめ、歯科医になることを父に言うのだった。 父は驚くが反対もすることは無かった。
ジンは売野に、売れる曲作りを厳しく言われ、ヒデは歯科医を目指し懸命に受験勉強を始める。
なかなかCDデビューができないで悶々とする中、自分のやりたい音楽がどんどん遠ざかっていくジン、そしてとうとうギターのトシオがグループを辞めると言い出す。一方、ヒデは何とか、大学に受かり、歯科医を目指した大学生活をスタートさせる。しかしそんな中、大学の同級生たちと、音楽をやり始めるのだった。 そして迎えた初ライブ、理香を読んで披露した彼らのオリジナル、ジンとユキオもそれを見て、自分たちと違う音楽で生き生きとしているヒデたちを見、理香は彼らの曲に震えが来るほど感動するのだった…

これはGReeeeNという音楽グループのデビューまでの物語、ほぼ実話なんですね。このグループの曲は、息子がダウンロードした曲が私のipadに入っていて、 鑑賞後の帰り道に聞いて帰りました。
しかしアーティストとしての彼らはほとんど知らないので新鮮でしたね。
プロデューサーのジン役に松坂桃李、その弟で、GReeeeNの中心メンバーのヒデ役に菅田将暉。 売れっ子の二人が兄弟役というのも珍しい? 当初は “グリーンボーイズ” という名前でスタート、なぜ “e” が四つあるのかは、作品中にジンが考えたんですね。 ロゴマークが歯医者で歯を現し、4人という事をもじってあるという事みたいですね。
また厳格な父親役で小林薫、ちょっと優しいイメージなんで、あまり適役ではなかったかもしれませんが、いまどき珍しい鉄拳制裁、さらに日本刀まで抜くという、恐ろしさ(^^)奥さんは命がいくつあっても足らないですね。
しか し自分たちがやりたい音楽をやるためにプロデューサーの注文の通りに路線を変えていくジンのバンドと、一気に駆け上がっていく弟のグリーンボーイズ、何時しかジンはプロデューサーとしての適性を自分の中に発見するんですね。
ジンが父親に言い切るシーンで、実際医療に携わる外科医の父が、彼の音楽を強烈に罵倒するところがあります。 自分は実際の現場でひとの命をを救っている自負があまりにも大きいんですが、その時ジンは敢然と父にある台詞を言い切ります。
そしてある病気で苦しむ少女を救ったのが、生きる希望を持たせたのがヒデの曲だったんですね。
これは清々しい作品、こういう作品を見ると、音楽の素晴らしさをまた再認識させられますね。 ベスト盤を買おうかな?

イメージ 1
ジンと父は相容れない関係だった

イメージ 2
好きな音楽は違うが二人の仲は良かった

イメージ 3
ヒデは何とか大学生となり音楽を趣味で

イメージ 5
ジンはヒデの曲をプロデュース

イメージ 6
そしてグリーンボーイズができていくのだった

イメージ 4
歯科医として働くヒデ

イメージ 7