anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

俳優は俳優だ

2013年作品、シン・ヨンシク監督、イ・ジュン、ヤン・ドングン、ソ・ヨンヒ出演。

街の中でマネキンに対して必死にすがっている異様な男がいた。 不気味なその男の姿に周りも離れて見ているだけ。
彼は劇と現実を混同する演技の初心者オ・ヨン(イ・ジュン)と言い、演劇の舞台の上で自身の感情に酔い、相手役の女優の首を容赦なく締め付けることもしてしまう。
この光景に驚いた監督とスタッフは舞台に飛び出して彼を止め、一瞬のうちに会場は修羅場と化す。 監督は公演を台無しにした彼を、演技の 「え」の字も知らないとんでもない奴だと激しく批判する。 それでもオ・ヨンは演技が好きだった。
自分のやりたい演技ができるのであれば、どうなって も構わない。 マネージャーのキム・ジャンホ(ソ・ボムソク)がそんなオ・ヨンの魅力に気付き、一緒に仕事をすることを提案する。
最初は提案を断っていたオ・ヨンも、スターでなければやりたい演技ができないというのがこの業界の掟だということを悟り、マネージャーと手を組む。
一瞬にして脇役から助演に急上昇し、オ・ヨンは主演よりも注目を浴びる演技で、あっという間にスターダムにのし上がるのだった…

監督はシン・ヨンシク、私は初鑑賞の監督です。 主演はイ・ジュン、歌手としてMBLAQというグループで活動をしながら俳優業もやっている感じでしたが、今は独立、移籍をして俳優一本になっている感じですね。
物語は冒頭異様な感じで始まります。 まあ演技を極めようとする役者の卵なら、相手がたとえ箒であれ、演技をし続けるとも言われています。 また高等技術ですが一人芝居だってありますからね。
そんなある種俳優として自分のやりたい演技を極めようとした青年のお話、ただそんな彼は、今のままではそんな自分の理想の演技を発揮できる場所が無いことにある男との出会いから気がついて行きます。
この作品は、実際の彼の行動と、芝居がクロスオーバーするところが面白いところですね。 芝居なのか現実なのか、行ったり来たりして行きながら、だんだん彼が評価され、有名になっていく。 しかし名が知れれば知れるほど、そう簡単にはいかないことも起きてくる。
よく有名になってくると近づいて来るのが裏社会の方々ですね。 オ・ヨンにも、お前を応援している、義兄弟になろうと言って近づいて来る人間が出てきます。
このやり取りが一番迫力があるところですが、それをいかに切り抜けるのかが面白かった。
ラストシーンは最初に戻った感じとなりますが、それははたして現実なのか芝居なのか? ちょっと幻想的な芝居の世界の物語なのか、そんな作品でした。

イメージ 1
マネキン相手に演技をしている謎の男

イメージ 2
それを見つめる女性、彼女は女優だった

イメージ 3
そして彼は本格的に演技の道に

イメージ 4
名声を得ることができるが

イメージ 5
それはマネージャーの存在が

イメージ 6
しかし名が上がるという事で群がってくる輩も

イメージ 7