anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

オカンの嫁入り

2010年作品、呉美保監督、宮崎あおい大竹しのぶ桐谷健太出演。

大阪。 月子(宮崎あおい)と陽子(大竹しのぶ)は、母ひとり子ひとりで仲良く暮らしてきた親子。
そんなある日の深夜、陽子が酔っ払って帰ってきた。 玄関で倒れ込む陽子だったが、なんとその後ろに金髪の男も泥酔して玄関に倒れ込んでしまう。
若い金髪の男・研二(桐谷健太)に戸惑う月子。 何の説明もないまま玄関で眠りこける二人。 月子は陽子を引きずり、居間のこたつに寝かせ、玄関で倒れている研二には毛布をかけてやる。
翌朝、ケロッとした顔で陽子が言う。 「おかあさん、この人と結婚することにしたから」… あまりに突然のことにとまどう月子は、とっさに家を飛び出し、隣 の大家・サク(絵沢萌子)のもとへ向かった。
月子が生まれる前に、陽子は夫・薫と死に別れており、ずっと 「薫さんが、最初で最後の人」 と言っていた。 しかも、研二は30歳。 態度もヘラヘラしていて、元板前だというが、今は働いていないらしい。
納得がいかない、というよりも母の行動が理解できない月子は、サクの家に居座り続ける。 「月ちゃんがいない家に同居はできない」 と研二は庭の縁側の下で寝泊りし始める研二。
陽子は村上整形外科医院で働いていて長い。 村上先生(國村隼)は、いつもこの母子のことを心配してくれているので、月子はこの件を相談しに行く。 ちょくちょく家にも来る村上は、なんと研二のことを知っていた。 そう、自分のところの患者だったのだ。
そしていつ から付き合っていたのかを聞き、これまた驚くのだった。 月子はてっきり母が再婚するなら村上と思っていたので、村上がぐずぐずしていたから母が騙されているのではとも思っているのだが。
しかし月子にはあるトラウマがあるのだった。 彼女は以前働いていた会社でトラブルに巻き込まれ、電車に乗ることができなくなって、それから1年、引きこもりのように家にいるのだった。
母は本当にこの男と結婚するのだろうか?…

呉監督作品に、最近は外れなしという感じの私。 「酒井家のしあわせ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12914085.html 「そこのみにて光輝く」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11504701.html  「きみはいい子」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13761083.html どれもそれぞれ、テーマがありしっかりとした作品でした。
今作も、母には母の、娘には娘のドラマがあって、なかなかの作りでした。
物語はこの後、母は白無垢が着たいというんですね。 それを聞いて月子はさらに切れてしまいます。 どうしてこんな若い男と? なぜいきなり再婚を? しかしその秘密が一つ一つ解けていくにつれて、母の大きな秘密がわかり、そして月子の人生の再生につながっていくところは、なかなかうまい進行でした。
監督自身の脚本であり、そこは冒頭のぶっ飛びからしっかり繋がっていく上手い展開でした。 まあ大竹しのぶ宮崎あおい國村隼、演技に外れも無いので底堅かった。
悲劇で終わらせないところも良かった。

イメージ 1
いきなり二人で現れる

イメージ 2
母が理解できない月子

イメージ 3
村上に相談

イメージ 4
母の意志は固かった

イメージ 5
彼女はとてもいやな体験をしていた

イメージ 6
そして母にはある理由が

イメージ 7