anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

それでも夜は明ける

 
奴隷制度が広がっていた1841年、アメリカ。 
自由黒人で音楽家のソロモン(キウェテル・イジョフォー)はニューヨークで家族とともに暮らしていた。 妻と子供が旅行に行くことになり、一人で留守番をすることになったソロモン。 そこに、ブラウン(スクート・マクネイリー)とハミルトン(タラン・キラム)のふたりが演奏を手伝ってくれないかと誘いに来た。 もちろんギャラも出る。 家族のいない自由の身、ちょっとした小遣い稼ぎというつもりで、引き受けることにした。
結構評判がよく、始め聞いていたより多くのギャラがもらえたソロモン。 その夜、3人で盛り上がってしまった。 そしてソロモンは悪酔いをしてしまい、ホテルに担ぎ込まれた。
次の日異様な気配で目が覚めたソロモン、手足に鎖がつながれ、自由がきかない。 そこに入ってきた人相の悪い二人の男。 いったい何が起こったのか?自分は自由黒人なのに。 
今まで来ていた服は脱がされ、そしてここを出してくれと叫ぶと、いきなり鞭で打たれてしまった。 あまりの激痛に悲鳴を上げるソロモン。 その後出てきた老人は一見優しげに服を着替えさせるのだが、それはこれから移動するために、着替えさせただけだった。
体を洗うよう言われ素っ裸にされ、そして船に乗せられた。 何とか反抗してここから逃げようとしていた中で、反抗した男はナイフで刺され殺されてしまった。
着いた先はアメリカ南部のニューオーリンズ、そこに現れたのは人身売内の仲買人フリーマン(ポール・ジアマッティ)、そして彼は言う 「お前の名前はプラットだ」 「いや俺はソロモン・ノーサップだ」 というと思いっきり殴られた。
そしてすぐに品定めをされ、各々奴隷として買い手がついて行った。 “プラット”は子供連れだった女と共にウィリアム・フォード (ベネディクト・カンバーバッチ) に買われていく。 
彼はヴァイオリン奏者だったので、その特技を買われ、ウィリアムに目をかけられる。 しかしそんな“プラット”はすぐに妬まれる存在になってしまった。 そしてもう彼は大工として雇われているジョン・ティビーツ(ポール・ダノ)に目を付けられた。 何かといやがらせをするジョンに、彼はついに反抗してしまった。 そして彼は残虐な復讐を受けるのだった…
この冒頭部を書いているだけでも、なんと理不尽な、残酷な物語であると思います。 しかしこんなのはまだいい方でしたね。 この後彼は自己保身に走るウィリアムのところから、もっと過酷な男・エップス(マイケル・ファスベンダー)のところへ売られます。 そこで知り合った同じ女性黒人奴隷・パッツィー(ルピタ・ニョンゴ)と知り合いますが、そこで女の奴隷の過酷な運命を知ります。
そもそも彼を誘った二人は、始めから狙っているんですね。 悪酔いをしたのもおそらく薬を盛られたんでしょう。なんと卑劣な、なんと卑怯な行動なのか?
エップスの黒人に対する態度が最後に吹き出すところが、この作品の全体を表していました。 やっとのことで素性が認められ帰っていくソロモンに必要に 「俺の物だ!」 と言い張るエップス。 叩きのめしてやりたくなるような虫唾の走る男でした。 でも、この時代の南部のアメリカはそうだったんでしょう。 こんな男がざらにいたんでしょう。
しかしこの作品の現している歴史は、形を変え今でもあるんではないでしょうか? あまりにもアメリカの恥ずべき歴史ではありますが、何か今でもこういうレイシズムは人間の心に根付いているような気がしてなりません。 声に出して言わないだけで、誰もの心にも、私にも眠っているような気がします。
決してしてはならぬこと、そういう感情を払拭すること、消し去ることの絶対必要性と、その難しさを感じた強烈な作品でした。 アメリカで賞を受けるのは必然の物語ですね。
イメージ 2
拉致され奴隷にされてしまった男、初めの主人
 
イメージ 1
そして二人目の主人・エップス
 
イメージ 3
残忍なエップス
 
イメージ 4
そこに現れたカナダ人の男
 
イメージ 5