anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

もらとりあむタマ子

2013年作品、山下敦弘監督、前田敦子主演。
 
くたーっと寝ている。 「タマ子!」 父の呼ぶ声が聞こえる。 
季節は秋、坂井タマ子(前田敦子)は東京の大学を卒業後、父親・坂井善次(康すおん)がひとりで暮らす甲府の実家に戻ってきた。 食事は父がする、洗濯も父がする。 タマ子は、ただ食って寝て、漫画を読んでダラダラしているだけ。 そしてとうとう父が切れた、「どうして就職活動しないんだ!」 しかしタマ子は、「いつか動く! でもそれは今じゃない!」 そう言い放つのだった。
善次はここ甲府で、“甲府スポーツ”という運動具店をやっている。 毎日決まった時間に看板をだし、規則正しい営業をしている。 ある日、中学生の仁(伊東清矢)が母親とシューズを買いに来た。 母と、善次は勝手に色と形を決め注文してしまったが、次の日、タマ子が一人でいる時に変更しに来た。 結構シューズ一つ決めるのにも、ほかの人と一緒がダメとか、先輩より高いのはダメとかいろいろだ。
あるときからタマ子は父の作ったものを食べなくなった。 ダイエット食品を食べ、まずそうな飲み物を飲んでいる。 そしてある日父に、服を買いたいと言うのだった。 「ちゃんとした奴」父はようやくタマ子が、面接を受けるのかとOKした。 しかしタマ子は仁の家の写真館に行き、内緒で写真を撮ってもらうのだった。ようやく履歴書を書いたタマ子の応募先は芸能プロダクションだった・・・
 
上映館が少なくて、無理かと思いましたが、ちょっと遠出をしてみることができました。 山下監督は、「苦役列車」で一度前田敦子を撮っていますので、彼女の演技の引き出し方を心得ている感じがしました。
父と母はもう別れていて、姉はもう結婚して家を出ています。 大学を出てタマ子はそんな父一人の家にふらっと戻ってきます。 そして何をすることも無く、ただだらだらと生活を始めます。 特に友達と遊んでいるシーンも無く、メールくらいはしているようですが、ほとんど地元の昔からの友人とも没交渉ですね。 大学で何があったんでしょうか? いや逆に何もなかったのかな? と言う感じでした。
AKB48の不動のエースだった前田敦子ですが、女優としての彼女は面白いですね。 78分の中にもいろんな彼女の顔が見れました。 もしかすると若い監督が無性に撮りたくなる女優さんになっているのかもしれませんね。
物語としてはなんかやることを見つけられず、そのためいったん実家に帰ってきた23歳の女性が、ようやく、もう自分で生きていなきゃなと決めるまでの1年間の物語ですが、そんな何気ない生活が何故か面白い作品でした。
 
イメージ 1
だらだらタマ子
 
イメージ 2
親が決めたシューズを変更に来た仁とタマ子
 
イメージ 3
タマ子はある光景を見て微笑む
 
イメージ 4
決して仲が悪くない父と娘
 
イメージ 5
この人は父の…
 
イメージ 6