anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

マネーボール

2011年作品、ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット主演。
 
2001年シーズンのMLB。 リーグ優勝を懸けた戦いが、ヤンキースとアスレチックスの間で行われている。 アスレチックスは始めに2勝を挙げたにもかかわらず、結局逆転されてしまった。 しかしこの短期シリーズでも、主力のジオンビーやデモンズは活躍していた。
アスレチックスのGMのビリー・ビーンブラッド・ピット)は決して試合をしている球場には行かない。 ラジオさえもたまに着けるだけ。 しかし勝たせたい気持ちはだれよりも強かった。
オーナーに今シーズンの報告をするビリー、しかし今期からオフには、スター選手であるジョニー・デイモン、ジェイソン・ジアンビ、ジェイソン・イズリングハウゼンの3選手のFAによる移籍が決定的と言い、もう少し資金をくれという。 しかしオーナーは渋い。 うちはヤンキースとは違う。 スカウトと話して、またいい選手を取ってくれと言われスカウトの会議に出席するビリーだが、ここでのスカウトたちの話し合いに嫌気がさすビリーだった。
ビリーはかつて超高校級選手としてニューヨーク・メッツから1巡目指名を受けたスター候補生だった。 スカウトの言葉を信じ、名門スタンフォード大学の奨学生の権利を蹴ってまでプロの道を選んだビーンだったが、自身の性格も災いして泣かず飛ばずの日々を過ごし、さまざまな球団を転々とした挙句、引退。 スカウトに転進し、第二の野球人生を歩み始めたのだった。
彼はインディアンスのオフィスにやってきた。 何人かの候補の移籍交渉のためだった。 しかし条件が折り合わず、帰る途中、一人のちょっと太った青年と目があった。彼もその交渉の中にいて、小声でアドバイスを送っていたのだった。 彼の名はピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)、専攻は経済学、もちろん元プレーヤーでも何でもない。 しかしどうして意中の選手を出し渋ったのか聞いたところ、彼の理論は的確だった。 彼はこの男に賭けてみる気になった。 すぐさまインディアンスから彼を引き抜き “マネーボール” を始めるのだった・・・
 
ブラピが野球映画に? そんなつまらない抵抗があったので、見るのを延ばし延ばしにしていました。 原作があり、実際の凄腕GMのノンフィクションなので、見応えがありましたね。 
ビリー・ビーンの肩書も観ましたが、原作に忠実ですね。 考え方がアメリカ的で、お金の掛けまたも日本とはケタが違いますが、MLBの抱えている問題は、日本のプロ野球も一緒ですね。 
セ・リーグでは、ヤクルト、横浜で育ったいい選手が巨人に、広島で育った選手が阪神に、それぞれFAで移籍していきます。 さらにパ・リーグからも引き抜いて行きますね。 資金力さえあれば強いチームが作れる、そんな金万球団に真っ向勝負を挑むビリーにどんどん引き込まれるのは、阪神ファンの自分としては、恥ずかしい思いもしたりしました。
プロのチームは勝ってナンボですから、お金はないよりある方が良いです。 でもお金の掛け方を、データから割り出し、冷静に分析、そして良かれと思って取っても違っていたら、すぐに出していく。 日本もこんな割り切りがちゃんと的確にできればもっと効率よくチームを強くできるのではとも思いました。 
悔しいけど、近年の巨人は、そこが以前と違い若い力と、移籍組の歯車がかみ合っていますね。 ちゃんとこの作品を見て勉強しているんではと思ってしまった、プロ野球の編成部に見てほしくなる作品でした。 特に阪神に・・・(Ka)

イメージ 1
かつては期待された有望選手だったビリー

イメージ 2
今年こその思いでアスレティックスを優勝させようとするのだが

イメージ 3
そんな時知り合ったピーターを引き抜く

イメージ 4
彼はビリーの元に行く決断をする

イメージ 5
果たしてワールドチャンピオンになれるのか?

イメージ 6