anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~(前半)

2010年作品、堤幸彦(1、2、5話)、加藤新(3話)、今井夏木(4話)監督、戸田恵梨香加瀬亮竜雷太神木隆之介福田沙紀城田優出演。

第1話
警視庁SIT丙部隊長の瀬文焚流(加瀬亮)は部隊を率いて出動中、部下の一人である志村優作(伊藤毅)に突然銃を向けられる。 しかし発砲された弾が全て撃った側に向かって反転するというあり得ない現象によって、志村は弾丸を浴びて瀕死の重体となる。
瀬文は彼を誤射したと警察上層部に疑われ、庁内の閑職と噂される 「未詳」 に異動させられる。 そこにいたのは若い婦警の正汽雅(有村架純と不倫中の頼りない係長・野々村光太郎(竜雷太)と、無銭飲食を疑われていた奇妙な刑事・当麻紗綾(戸田恵梨香)であった。 そこへ未詳始まって以来、初の客としてタレント国会議員の五木谷春樹(金子賢)が、自分が殺害されるとの予言を占い師から受けたため、秘書の脇智宏(上川隆也)と共に警備の依頼にやって来る。
未詳はその占い師・冷泉俊明(田中哲司)の身柄を拘束し厳重な警備を敷いたが、五木谷はパーティー会場で突然死亡する。 心臓麻痺による自然死とされ事件は終わったかに見えたが、当麻は冷泉の予言どおりに五木谷が毒殺されたと見抜くのだった・・・

第2話
誤射事件で瀬文を恨む志村の妹・美鈴(福田沙紀)は、自分に不思議な力が芽生えたことを不安に思い、兄の担当医である海野亮太(安田顕)に相談する。 未詳には神父の大島優一(佐野史郎)が訪れ、教誨師として面会している死刑囚の桂小次郎(山内圭哉千里眼の能力を得たと主張していることを話す。 桂は警察に、期限内にある未解決事件を解決しなければ真犯人に裁きを下すと対決を迫っていた。 桂が指定したのは10年前に起きた 「青山華道家死体なき殺人事件」。 再捜査を経て当麻と瀬文は犯人を逮捕するが・・・

第3話
瀬文は海野から 「病を治す人間」 を探すという取引を持ちかけられ断るが、その直後通りすがりの人物に肩の骨折を一瞬で治癒されるという現象に遭う。 対象不明の張り込みに駆り出された当麻と瀬文は、目的地のガソリンスタンドで店員の武藤純(清水優)が何者かに憑依される事件に遭遇する。 姿の見えない犯人は取り調べの最中、林実という名の巡査(正名僕蔵)に憑依したのを皮切りに、全国の 「林実」 に次々に憑依しては軽度の犯罪を重ねていく。 一連の奇妙な事件が報道され始めた頃、警察に届いた挑戦状には、制限時間内に自分を捕まえられなければ憑依のSPECを公表するという内容が記されていた。 ありふれた名前に途方に暮れる未詳のもとに、ついに大学助手の林実(村杉蝉之介)が殺人を犯したとの一報が入る・・・

第4話
自殺者遺族ネットワークの弁護士・古戸久子(奥貫薫)が未詳を訪れ、自殺サークル「パーフェクト・スーサイド(PS)」 に参加し失踪した娘・美智花(三浦由衣)の捜索を依頼する。 古戸は未詳の捜査に参加し、PSの参加者である植松育児(湯山大一郎)が快楽殺人を犯すために、サークルで自殺志願者を集めたのではと指摘する。当麻らはPSに捜査メンバーを登録して直接対決に向かうが、その結末は残酷なものだった。 事実を知った真犯人のSPECホルダーは逆上し当麻たちを襲う・・・

第5話
瀬文が敬愛する先輩・里中貢(大森南朋)と久々に再会した翌日、未詳には潜入捜査官らの謎の死の調査が持ち込まれ、さらに瀬文は機密データへのハッキング容疑をかけられる。 当麻は瀬文の無実を信じ、ハッキング用に瀬文からIDを盗んだと思われる里中を救おうと共に奔走する。 やがて、里中は公安の潜入捜査官であり、愛娘・梨花(堀田悠衣)に病を処方され脅された彼が、警察を裏切りSPECホルダー組織と取引して冷泉を拉致するために動いていることが判明する。 拉致は未然に防ぐことができたが、里中は何者かに狙撃されて死亡する・・・

やっと見る事が叶ったこのシリーズ、映画をみるのは我慢していたんですよね。
監督は主に映画版は堤幸彦が担当していますが、ドラマ版は主に3人で回しているということです。
主演は戸田恵梨香、映画としては 「無限の住人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14892426.html に出演していました。
そしてSPECホルダーとして毎回ゲストと言うか、ドラマ編の重要キャラが毎回登場していきます。

物語は、一話完結のような様相で始まりますが、だんだんと全体を司る存在が現れてきます。 ただ、この5話まではその像がまだぼやけていますね。 しかし、事件解決、犯人逮捕、には必ずある人物が関与してきます。
超能力者たちは消されたり、拉致されたりさまざまですが、基本的には消去される宿命を持っている感じですね。 しかし後半まで引きずるのは二人の主役の目的ですね。
瀬文はSITの任務中に、後輩の事故に遭い彼の怪我を治すこと、そして当麻は、謎の少年を追っているんですね。 左腕を奪った少年ですが。
堤作品のドラマなんで、独特の笑いに包まれていますが、内容はえぐいシリーズでしたね。 そして豪華キャストでした。
それでは後半に。

イメージ 1
甲の回 魔弾の射手

イメージ 2
乙の回 天の双眸

イメージ 3
丙の回 漂泊の憑依者

イメージ 4
丁の回 希死念慮の饗宴

イメージ 5
戊の回 堕天刑事

イメージ 6