anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

龍が如く5 夢、叶えし者(桐生編)

2012年作品、出演:黒田崇矢小山力也山寺宏一釘宮理恵森川智之

偽名でタクシー運転手になって、博多の地でひっそりと暮らしている桐生の車を降りた、東城会6代目・堂島大悟(徳重聡)が忽然と消えてしまった。 山笠組との対等の盃の話をしている最中だったので、東城会と山笠組が一触即発になるのは目に見えていた。
また桐生の車に乗った後、行方がしれないことから、東城会の森永悠(東地宏樹)と相沢聖人(安元洋貴)は桐生が何等か知っていると思い急接近してきた。 しかし本名を隠している桐生にとって二人は迷惑な存在だった。
今の桐生は「鈴木太一」と名乗り、中島洋太郎(楠見尚己)が社長の永洲タクシーに勤務する身だった。 しかしアサガオはどうしたのか? どうして桐生はアサガオを離れてしまったのか? それは遥(釘宮理恵)のため、そしてアサガオの皆のためでもあった。
立ち寄った立ち食いそばやで見たテレビ、そこに遥が映っていた。 それは大阪でやっているアイドルの登竜門の番組であった・・・
しかし桐生の安住の地はここではやはりなかったのだ。 東城会と、因縁の近江連合との間にまた大きな問題が持ち上がっていた。 堂島大悟は弱った東城会を何とか立て直し、近江との間も均衡を保っていたのだが、ここにきて信頼をしていた近江連合七代目が危篤との情報が入ったのだ。
このままでは、また近江の急進派が活気づき、またもや戦争状態になってしまう。 その為東城会は、地方の各組織と個別に盃を交わし、近江を抑える作戦を立てたのだった。
果たして消えた大悟の消息は? もし大悟に何らかのことがあったら、東城会は、そして近江との関係はどうなる? 桐生がまたもは大嵐に巻き込まれていくのだった・・・

現在進行形でゲームをじっくりやっていますが、桐生編だけ書いてみました。 といってもオープニングの映像は以前の試写会版で書いているので、ちょっと肉付け程度ですね。
どうして桐生が博多にいるのか? どうしてアサガオを捨てたのか? これが前半の大きな肝となっていますが、実は桐生編では詳しく触れられていません。 ただなんとなく子供たちのことを思って、ということしかわからなくなっています。
相変わらず、ゲームをしているというよりも映画を見ている感覚ですが、今回は桐生編だけで、ボリュームたっぷりですね。 今までのサブストーリーだけでなく、今回はアナザードラマという新要素が入っているからです。
そこがレースゲームになっているんですね。 これは正直慣れるまでしんどかったですね。 「えっ!、龍が如くでレース?」 という感じなのですが、これは実はまだ序の口だったんです。
他のパートで、もっとしんどい場面も出てきますから。 エンカウントバトルや、今まであった通常の操作はさほどでもないですが、ヒートアクションの発展形もあり、バトルのバリエーションは広がりましたね。 またこれをこなすと経験値が稼げるというミニゲームもあって、実はこれも不得意なんです。
大体早い段階で、サブ、アナザー、ミニゲーム、修行を先にやってしまうので、ストーリーは最後に一気に進ませるのがパターンなんですが、やはりなかなか物語が進みませんね。 先にストーリーを一気にやって、2周目でじっくりやるパターンもありかもと思いますが。
事前にpod castで今回のゲームは、今までで最高のボリュームと横山Pが言っていましたが、その通りですね。 終わるまでいつまでかかるんだろうと思いながら今も進行形です。 でも最高に面白いです!

イメージ 1
アナザードラマの1シーン

イメージ 2
冒頭の「鈴木太一」のタクシーに乗って独り言を話す大悟

イメージ 3
もう一人の桐生編のキーになっている女性、彼女の正体は?

イメージ 4
さて彼は誰でしょう?