anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

テッド

2012年作品、セス・マクファーレン監督、セス・マクファーレン(声)、マーク・ウォールバーグ、ミラ・キュニス出演。

1985年、ボストン郊外に住む一人の少年・ジョン(ブレトン・マンリー)。 彼は誰にも相手にされない孤独な少年、いじめられもしないのだ。
クリスマスの日、ジョンのもらったプレゼントはテディベアだった。 もらったテディベアにテディと名前を付け、唯一の話し相手であると、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。 魔法というのは少年の切なる願いをかなえる。
翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”(セス・マクファーレン{声})、はジョンに 「一生親友だよ」 と約束する。 早速両親のもとに連れて行くと、両親は驚き、そして奇跡が起きたと叫ぶ。
二人は雷が鳴っている日、布団をかぶって約束する。 「僕らは雷兄弟、いつまでも一緒」 と。
そしてテディは一躍人気者になりテレビにも駆り出された。遠慮なく本音を言うテディは下ネタもお得意。 テディは知らない人がいないほどだった。
そして時は流れ現代に。 ジョン(マーク・ウォールバーグ)は35歳になり、今もテディと暮らしている。 レンタカー屋に勤め、暇さえあれば映画を観て、マリファナを二人で吸っている。 正直サイテーの男になっていた。
しかしそんな彼にも出来すぎた彼女がいた。 4年間付き合っている彼女ローリー(ミラ・キュニス)はそんなジョンを愛していた。
付き合い始めて4年目の記念日、二人はちょっといい店でディナーをすることになっていたが、ローリーはそろそろ二人の将来を真剣に考えているのだった。 しかし相変わらず、テディとふざけ合っているジョン。 そして、ある決定的なことが起きるのだった…

いや~混んでいました。 1000円デイだったからということもありますが、久しぶりに一番前の席で疲れました(^^) また、この作品ほど、英語が堪能ならな…と思いました。
頑張って日本人向けの字幕が付いていましたが、本当の意味での笑いを味わいたいと真から思いました。 
二人が映画オタクなので映画ネタは笑えるんですが、また下ネタもそうです。 でもやはり日本人向けのネタが、違約されているのでアメリカではどういうギャグなんだろう?って思いましたね。
ジョンは幸せ者ですね。 普通の女の子なら1週間で愛想が尽きている男です。 でもローリーはそんな彼の成長を一生懸命待っているんですね。 でもやはりタイムリミットってありますよね。 それが4年目なんですかね。
ダメ男をうまくマーク・ウォールバーグが演じていましたが、それ以上にミラ・キュニスがよかったですね。 エキゾチックな風貌なのに情が溢れる良い女でした。
本人役のスターが何人か出ていましたが、それはぜひご覧ください。 気楽に観れますが親子連れはちょっと難しいかもしれない、CG作品でした。

イメージ 1
35歳になってもいるテッド

イメージ 2
しかしジョンには恋人が



イメージ 3
でも二人のバカは






イメージ 4
直らない


イメージ 5
そしてある人物に出会って弾ける

イメージ 6