anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フック


娘の演劇を見ているピーター・バニング(ロビン・ウィリアムズ)は仕事中毒と言うべき40歳の企業付弁護士。 妻モイラ(キャロライン・グッドール)、11歳のジャック(チャーリー・コースモ)、7歳のマギー(アンバー・スコット)という家族がいる。
今度は息子の野球の試合を見る約束をしているが、仕事が長引いてしまった。 あわてて駆けつけたが、試合はすでに終わっていた。 ジャックは傷ついていた。
クリスマス休暇にバニング一家は、モイラの祖母でピーターを孤児院から救ったという、ウェンディ(マギー・スミス)をロンドンに訪ねる。 しかし絶えず携帯電話が鳴るピーターだった。
部下からの電話で買収が上手くいかないことを聞いた彼は、はしゃぐジャックをつい怒鳴ってしまった。 さらに父親に対して不信感を持つジャックだった。
着いたその日は子供を寝かした後、モイラとウェンディと3人でパーティーに行った。スピーチは上手いピーターだが、帰り道ウェンディの家の様子がおかしい。
子供の寝室に二人の姿がなかった。 何か物憂げなウェンディだが、すぐに警察が来るが手がかりは、ドアにあった脅迫文だった。
「親愛なるピーター、子供を助けたければ姿を現わせ。ジェームズ・フック」 フック?彼に心当たりはなかったが、ウェンディが真実を告げる。 ピーターはウェンディが孤児院から救ったのではなく、本当はネヴァーランドからやって来た永遠の子ども〈ピーターパン〉だったのだと。
にわかに信じられないピーターのところへ今度は妖精のティンカーベル(ジュリア・ロバーツ)がやって来た。 そして彼をネヴァーランドに連れて行き子供たちを救うのだと言うのであった。 果たしてピーターは子供たちを救えるのか? 彼はほんとにピーターパンなのか?…

スピルバーグロビン・ウィリアムスの強力なコンビの作品ですね。 11年前の作品ですが、私は全く覚えがありませんでした。
フック船長にダスティン・ホフマンが起用され、アイアンマンで一躍トップスターのグウィネス・パルトローもちょっと出ています。
144分の大作ですが、いろいろなテーマ、親子の絆、少年の純粋な気持ち、また成長譚も入っており、感動作に仕上がっております。 ロビン・ウィリアムスの作品は多少無理な設定でも彼の熱演にだんだん引き込まれますね。 この作品もそうでした。ネヴァーランドで、散々 「おじさん」 「腹が出てる」 となじられ、子供たちの特訓されるところは本当に少しやせたのではと思えるほどでした。
ピーター・パンの後日談であり、アナザーストーリーでもありますが、冒険ファンタジーとしての上手い仕上がりにしていますね。 まあ個人的にはスピルバーグが撮らなくてもとちょっと思った作品でした。



イメージ 1
ピーターのところに現れたティンカー・ベル

イメージ 2
そして子供たちを取り返しにネヴァーランドへ

イメージ 3
しかしフックが立ちはだかる

イメージ 4
そこから昔の動きを取り戻すべく

イメージ 5
ピーターの特訓が始まる

イメージ 6