anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

1899 ⑤

2022年作品、バラン・ボー・オダー監督、エミリー・ビーチャム アナイリン・バーナード アンドレーアス・ピーチュマン ミゲル・ベルナルデアウ ジョゼ・ピメンタオン イザベラ・ウェイ アレクサンドル・ウィローム アントン・レッサー マティルド・オリヴィエ ルーカス・リンガー・トュネセン マチェイ・ムシャウ ジョナ・ブロケ出演。

第5話 呼びかけ

辛い記憶が甦り、思いもよらない行動に出るモーラ(エミリー・ビーチャム)。 ある音を耳にした乗客たちは、次々と海に身を投じる。モーラは父親に関する事実を掴むのだった。

少年役はフリン・エドワーズ、日本公開作品はまだないようですが、存在感の大きな役でしたね。

今回は怖いシーンがありますね。
操られているように、ある音を聞くといきなりそのテンポに合わせて更新し始める乗客。 そしてどんどん海中に飛び込んでいくんですね。 引の絵で撮っているシーンは怖いんですよね。