anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ファルコン&ウィンター・ソルジャー ③

2021年作品、カリ・スコグランド監督、アンソニー・マッキー セバスチャン・スタン ダニエル・ブリュール エミリー・ヴァンキャンプ出演。

第3話  "パワー・ブローカー"

ファルコン(アンソニー・マッキー)とウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)は施設に収容されているジモ(ダニエル・ブリュール)に会いにいくことを決め、ドイツに向かう。 ウィンター・ソルジャーはフラッグ・スマッシャーズと彼らを追う謎の男"パワー・ブローカー"の正体を明らかにするため、ジモを脱獄させて協力してもらうことを提案するが実はすでにジモは脱獄していた...。
ファルコンは猛反発するが、ウィンター・ソルジャーはキャプテン・アメリカ(ワイアット・ラッセル)もウィンター・ソルジャーを救うため法律を犯したこと、その考えにファルコン自身も指示したことを主張し、ジモの合流を猛反発するファルコンを諦めさせる。
ジモは「やり残した仕事」を果たしたいと述べ、ファルコンとウィンター・ソルジャーと共にエキゾチックな街並みがシンボルの島国マドリプールに変装して潜入。 そこで「超人血清はこのマドリプールにあり、パワー・ブローカーがウィルフレッド・ネイゲル博士という人物に作らせた」という情報を手に入れる。 しかし、取引の途中ファルコンに掛かってきた電話によって正体がバレてしまった上、パワー・ブローカーへつながる故買屋セルビー(イメルダ・コーコラン)が何者かによって射殺されてしまう。
そして、彼らの逃走劇が始まるかと思いきや、彼ら前に現れたのはシャロン・カーター(エミリー・ヴァンキャンプ)だった。 “シビル・ウォー“でキャプテン・アメリカの手助けをしたため指名手配犯となり、今も潜伏生活を強いられていた。

ジモ役はダニエル・ブリュール、「キングスマン:ファースト・エージェント」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/01/05/060000 に出演していました。
シャロン役はエミリー・ヴァンキャンプ、「フェーズ6」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15945598 に出演していました。

映画版ではそれぞれ悪役として描かれていた二人、ジモはもう完全にドス黒い男ですが、シャロンは元はそうではなかったんですが、キャプテン側についたことで指名手配になってしまった不運がありましたね。
しかし今はもうすっかりと、裏の世界で生きているある意味女王的な存在になっていました。