anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II ③

2018年作品、木村ひさし 岡本伸吾演出、松本潤 香川照之 木村文乃 青木崇高出演。

request.03 前代未聞の出張法廷 裁判官の思惑

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。 茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。 接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。
事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。 最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。 "依頼人の利益"を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。
しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況となる。
そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。 舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。 舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが。 崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

ゲストキャラで茅ヶ崎役が宇崎竜童、「罪の声」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/08/060000 に出演していました。
舞子の元上司の山内役で松尾諭、「ヤウンペを探せ!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/01/060000 に出演していました。
目撃者役で安達祐実、「樹海村」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/02/03/060000 に出演です。

この回は珍しくドラマ出演の宇崎竜童がいいですね。 本来は歌手であり、作曲家ですが、演技をさせると味があるんですよね。 お話の方はだんだんと本丸ともいうべき川上との対決に近づいていきますね。


f:id:anttiorb:20220112192130j:plain

f:id:anttiorb:20220112192132j:plain

f:id:anttiorb:20220112192138j:plain