anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダムド・ファイル シーズン3 ②

2004年作品、万田邦敏、七字幸久監督、森脇英理子芦名星悠城早矢、谷口響子出演。

file no.0024 マフラー・四日市市

正月セールに賑わう市内。南崎晴美(森脇英理子)は、とある店で知り合いの関川麻亜子芦名星)を見かける。 思わず呼びかける晴美だったが、麻亜子は気付かない。 しかし、麻亜子の傍らにいた夫の関川祐二(川端竜太)は、挨拶をする晴美の姿を見て悲鳴をあげながら後ずさりする。 ガタガタと震えながら「晴美が・・・晴美が・・・」とうわごとのように繰り返す祐二に、麻亜子は言う。 「何言ってるの。晴美は5年前に死んだのよ。」
5年前、晴美と祐二はバイト仲間で、付き合っているわけではないが何となく関係をもっていた。 麻亜子と晴美は友人同士だったが、ある時3人でカラオケに行ったことがきっかけで麻亜子は祐二に好意を寄せ始め、2人は付き合うようになった。 晴美との関係を清算できずにいた祐二は、ある夜、晴美に別れを切り出す。 すると晴美は、祐二の子どもを身ごもっている、別れてあげるが自分ひとりで子どもを産み育てると言う。 そんな晴美に祐二は──。

file no.0025 幽霊団地・西区

松本瞳(悠城早矢)は高校受験を控えた中学3年生。 両親は共働きで、古びた団地の一室に家族3人で暮らしている。
ある夜、瞳が勉強していると、部屋のドアがひとりでに開いた。 しかしそこには誰もいない。 すると突然、上の階から「ドドドッ」と走るような足音、続いて隣室からカリカリという音が聞こえてきた。 空き部屋のはずなのに──瞳は気味が悪くなる。
友達の涼子(谷口響子)にそのことを相談する瞳。 涼子は、団地のあった場所がむかし処刑場だったという噂を冗談交じりに話すのだった。
両親が仕事から帰ってくるまでの間ひとりで家にいる瞳に、奇怪な現象が襲う。 テレビの電源が入らない、CDプレイヤーの音が飛び始める、少し開いた窓からは老人がのぞき込んでいるのが見える──部屋のあちらこちらから次々に現れる“幽霊”の存在に、瞳は悩まされるようになっていく。
そんなある日。瞳の家を訪れた涼子は、廊下で見知らぬ少年に呼び止められる。 「お母さんが変なんだ。お母さんを助けて!」と手を引かれ、涼子は瞳の家の隣室に入っていくが…。

森脇英理子は、「グッドモーニングショー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14482937 に出演していました。
悠城早矢は、「百万円と苦虫女」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13411782 に出演していました。

このマフラーは怖いお話ですね。まあ恨み、怨念のお話ですが、そこまで深くないのがかえって怖いのかもしれません。
そして幽霊団地は、凄まじいですね。私も小さい時は鍵っ子だったので、これは住めないですよね。
f:id:anttiorb:20210727200536j:plain


f:id:anttiorb:20210727200537j:plain