anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

シャーロック・ホームズ

2009年作品、ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニー・Jr ジュード・ロウ レイチェル・マクアダムス マーク・ストロング出演。

1890年、ロンドンの探偵シャーロック・ホームズロバート・ダウニー・Jr)と相棒で同居人のジョン・ワトスン博士(ジュード・ロウ)は、5人の女性を儀式で殺害したブラックウッド卿(マーク・ストロング)の新たな被害者を助けに向かう。 2人はレストレード警部が到着する前に殺人を阻止し、ブラックウッドは警察に捕まる。
3ヵ月後、いつもどおりホームズの奇妙な行動はワトスンを不快にする。 ワトスンはメアリー・モースタン(ケリー・ライリー)との結婚が決まりベーカー街221Bでの共同生活を終えることになっていた。 そのころホームズは刑務所で死刑宣告されたブラックウッドに面会する。

ブラックウッドはさらに3人の止められない死が起こり、世界が変化するだろうと言う。 その後彼は絞首刑になりワトスンが死亡を確認した。

3日後、プロの泥棒でありかつての敵であるアイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)がホームズのもとを訪れる。 彼女はルーク・リオドンという名の男の捜索を依頼した。 アドラーが部屋を後にするとホームズは彼女を尾行し、顔の隠れた謎の雇い主に会うところを目撃する。 行方不明のリオドンはブラックウッドの計画のカギだった。ホームズは謎の男が教授でありアドラーを恐れさせる唯一の人物であると気付く。


シャーロックシリーズといえば、いろんな役者が色々演じていますね。 イギリスのドラマではカンバーバッチがハマっていますが。
監督はガイ・リッチー、「アラジン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15976154 が近作となります。
主演はロバート・ダウニー・Jr、「ドクター・ドリトル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/06/30/060000 が最近の作品ですね。
そしてジュード・ロウ、「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/12/060000 に出演していました。


物語はホームズとワトソンが、ブラックウッド卿の犯罪を止めに行く。 レストレード警部の到着の前になんとかブラックウッドのラタな犯罪を止めることに成功し、逮捕をされるブラックウッド。 ワトソンの結婚が決まりますが、ホームズは死刑宣告をされたブラックウッドに会いにいきますが、不気味な宣言をする彼でした。
そして彼は死刑を執行されますが・・・


今作はアクションあり、ミステリーありの娯楽大作になっていますね。 しかしダウニーJrがアベンジャーズシリーズに出演している事から、シリーズが止まってしまっていましたね。 ようやく「3」が公開間近になっていますが。 近年では渋いシャーロック作品もありますが、まあこれは誰しもがハラハラする作品となっています。


f:id:anttiorb:20210227212355j:plain

f:id:anttiorb:20210227212358j:plain

f:id:anttiorb:20210227212402j:plain

f:id:anttiorb:20210227212405j:plain

f:id:anttiorb:20210227212408j:plain

f:id:anttiorb:20210227212412j:plain

f:id:anttiorb:20210227212416j:plain