anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

追いつめられて

1987年作品、ロジャー・ドナルドソン監督、ケヴィン・コスナー ジーン・ハックマン ショーン・ヤング ウィル・パットン出演。

海軍将校トム・ファレル(ケヴィン・コスナー)は、国防長官デイヴィッド・ブライスジーン・ハックマン)の秘書である友人、スコット・プリチャード(ウィル・パットン)の招きで長官の就任舞踏会に出かけた。

そして会場で美しい女性スーザン・アットウェル(ショーン・ヤング)と出逢い、恋に落ちる。 フィリピンで勇敢に任務を果たしたファレルは、英雄として新聞に載る。

数日後、ワシントンに戻ったファレルは、記事を見たブライスの直属のスタッフとなる。 スーザンにはファレルと会う以前から愛人がいた。それはブライスだった。

ある週末、ファレルとスーザンはドライヴに出かけた。 愛を確かめ合う2人。 スーザンの部屋に帰った2人は、突然、ブライスの訪問を受ける。 スーザンとの押問答の末、ファレルは窓から外へ。 ブライスは、ファレルの影に気付いた。 嫉妬に狂ったブライスは、スーザンを2階から突き落とす。 混乱するブライスは、プリチャードに助けを求めた。

プリチャードは、スーザンはもう1人の恋人に殺された、その男はソ連のスパイで、国家安全のため48時間以内に抹殺、という筋書きを考え出す。 翌朝、ブライスとプリチャードは犯人の調査をファレルに依頼した。 スーザンの死を知るファレル。 ブライスとスーザンの接点になる材料は消された。 スーザンの部屋で発見された不鮮明なファレルの写真も、重要証拠として提出された。 ファレルを狙って巨大な組織が動き出したのだ。


ケヴィン・コスナーが若いですね。
監督はロジャー・ドナルドソン、「スパイ・レジェンド」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12625744 が近作ですが、日本未公開のドキュメンタリーも撮っています。
主演はケヴィン・コスナー、「モリーズ・ゲーム」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15510021 で主人公の父役をしていました。
ジーン・ハックマンは、最近はもう映画出演はありませんね。色々記事を書いています。 https://anttiorb.hatenablog.com/search?q=ジーン・ハックマン


物語は海軍将校で独身のファレル、国防長官と知り合い、フィリピンで功績を挙げ、彼のスタッフに起用されます。 そしてそのきっかけになった舞踏会で、一人の女性:スーザンと出逢います。 二人の仲は順調に見えましたが、彼女にはある秘密がありました。 彼女は国防長官のブライスの愛人だったのです。

上司と部下で一人の女性を巡った関係になってしまった3人ですが、その関係がとうとうファレルに知れてしまいます。 さらにブライスももう一人男がいることで激怒、そしてつい彼女を殺してしまってから、なんとその調査、隠蔽をファレルがやることになっていきます。


今作は、この3人と、スコットが微妙に絡んでくるんですよね。 スコット自身は悪人ではなくブライスを何とか守り、出世させていくことに専念するんですが、それは彼のある秘密が隠されていることがラストシーンでわかります。 ちょっと悲しい結末でしたが。


f:id:anttiorb:20201217193812p:plain

彼は長官のブレーンに

 

f:id:anttiorb:20201217193820j:plain

そしてパーティーである女性と会い、愛し合うが

 

f:id:anttiorb:20201217193828j:plain

ブライスとの三角関係の末殺されてしまう

 

f:id:anttiorb:20201217193837j:plain

そして隠ぺいの策謀が始まり

 

f:id:anttiorb:20201217193839j:plain

彼は捜査を始めるが

 

f:id:anttiorb:20201217193843j:plain

ブライスが犯人だと覚る

 

f:id:anttiorb:20201217193847j:plain