anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

コードネーム:リクイデーター

2018年作品、アレクサンドル・アラヴィン監督、イゴール・ペトレンコ アレクセイ・ヴェルトコフ アレクセイ・シェヴチェンコフ出演。

残忍で狂信的なチェチェン系テロリスト集団。 学校の児童をふくむ数百人の市民を殺害した彼らは、次のターゲットを世界の首脳が集まるサミットの開催地サンクトペテルブルクに定めた。

FSBロシア連邦保安庁)のベテランエージェント・イゴールイゴール・ペトレンコ)が事態の阻止解決のために召集されたが、彼は過去の任務で部下を殺された時の怒りから過激な行動に出てしまう節があり、イゴールもこれを最後のミッションと決めていた。

彼の集めたメンバーが、テロリスト集団と彼らが強奪した最新型地対空ミサイルを追い、テロリストたちの根城であるチェチェン・イングーシ共和国に乗り込む。


ロシア作品ですね。
監督はアレクサンドル・アラヴィン、作品は今作のみがクレジットされています。
主演はイゴール・ペトレンコ、「タイムソルジャー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13537142 を記事にしています。チープなタイムスリップものでしたね。


物語はチェチェンで捕まった過去を持つイゴールのお話です。
彼は捕まった部下とともに処刑されそうになりますが、なぜか彼は命を長らえ、目の前で部下が残酷に処刑されます。
今はFSBのエージェントをしていますが、サミットの警護のためサンクトペテルブルクに向かいます。 そしてそこには、あのテロリスト集団が関わっていることがわかります。そして彼の復讐心に火がつきます。


今作は、ロシアならではの設定ですね。 欧米諸国では、テロリストといえばイスラム系と決まっていますが、ロシアではチェチェン系となるんですね。 アジアだったらあの国でしょうね。
部下を目の前で殺され、その残忍な処刑をした男の顔絶対忘れない復讐劇でした。

 

f:id:anttiorb:20201107110021j:plain

なぜか命が救われたイゴール

 

f:id:anttiorb:20201107110032j:plain

チェチェンのテロリストと

 

f:id:anttiorb:20201107110041j:plain

再びテロ情報が入り

 

f:id:anttiorb:20201107110043j:plain

イゴールが動き出す

 

f:id:anttiorb:20201107110046j:plain

彼にとっては部下の復讐劇

 

f:id:anttiorb:20201107110051j:plain

そして相手は因縁の

 

f:id:anttiorb:20201107110056j:plain