anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

星の子

2020年作品、大森立嗣監督、芦田愛菜 永瀬正敏 原田知世 岡田将生出演。


ちひろ芦田愛菜)は高校受験を控えた中学3年生。 両親(永瀬正敏原田知世)と5歳年上の姉(蒔田彩珠)の4人家族、普通の家庭とは少し様子が違っていた。
もともと未熟児として生まれて病弱だったちひろのために、両親はあらゆる療法を試した。 しかし何をやってもちひろの健康回復に効果はなく、そんな時に『金星のめぐみ』という “水”の存在を知る。

特別な生命力を宿したというその水で体を洗うと、ちひろの病状はみるみる改善していった。 それを機に、両親は謎の“あやしい宗教”に心酔し、自分たちもその水を浸したタオルを頭にのせて暮らすようになるのだった。

転居するたびにちひろの家は狭くなり、宗教の祭壇やグッズで溢れかえっていくが、愛情をたっぷりと注いで育ててくれた両親のことがちひろは大好きだった。
中学校には、親友のなべちゃん(新音)と、彼女のことが大好きな新村くん(田村飛呂人)という友だちもいて、学校生活はそれなりに充実している。 けれども、新しく赴任してきた数学教師の南(岡田将生)に恋をしたことで、ちひろの日常に変化が訪れた。

数学の授業は先生を観察し、今では自由帳として使っている、ちひろの病状を記した母親の10年日記に先生の似顔絵をスケッチしていた。
ちひろが小学校5年の時(4年前)家庭の変化を嫌い、家出した姉のまーちゃんが久しぶりに帰宅し、その夜、ちひろはまーちゃんのある秘密を共有します。 しかし、翌朝には「もう帰りません」とメモを残して、まーちゃんは今度こそ本当に家を出て行ってしまった。
ある冬の日の放課後、事件は起きる。 卒業文集製作委員のなべちゃんを手伝っていたちひろたちは、南先生に車で送ってもらうことに。 夢にまで見た憧れの先生との時間、ちひろにとって最高に幸せの時間のはずだったが、自宅近くの公園にいたのは、緑のジャージで頭にタオルをのせ、水を掛け合う両親の姿。
南はそんな両親の姿を見て「不審者がいる。 完全に狂ってるな」と言い放つのだった。 その言葉を聞いたちひろはたまらず、その場から走ってしまう。


ちょっと心が痛い作品でした。
監督は大森立嗣、「MOTHER マザー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/11/060000 が近作ですね。 大森作品は結構心の奥に刺さります。
主演は芦田愛菜、「パシフィック・リム」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/10035578 にあるシーンに出演しています。しかし、本格的な映画復帰は今作ですね。
父親役は永瀬正敏、「カツベン!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/10/060000 が近作となります。
母親役は原田知世、「あいあい傘」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15742645 が近作となります。
姉役は蒔田彩珠、「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15616999 は良かったですね。


物語は、皮膚が爛れて生まれてきた未熟児、ちひろのお話です。 両親と4つ違いの姉は、何をやっても治らず泣き叫ぶ千尋が可哀想でいつも泣き明かしていました。 そんな時、ある水を紹介された林家。 それで拭いてあげると、ちひろの皮膚病がどんどん治っていきます。 そして両親はその“金星のめぐみ“に没頭し、その水を出している宗教にどっぷりと浸かっていきます。
初めは4人家族で住みやすいいい家に住んでいましたが、今は、やっと3人で暮らすのがやっとの古いアパート、そして姉は出て行ってしまいます。 途中母の兄がなんとか脱会させようと骨を折ってくれますが、なぜか宗教に距離を置いていた姉がおじを追い返してしまいます。
ちひろは学校では普通に過ごしていますが、宗教のことを知っているのは親友のなべちゃんだけでした。 しかしそこに憧れの新任教師が現れます。


今作は、人間がある信仰にはまっていくという典型な物語ですね。 本人たちには奇跡かもしれませんが、科学的な見地から分析したら、もしかしたら、未熟児として生まれてきたちひろは、成長とともに対応力が増していっただけかもしれません。 でも両親たちの悲しみが晴れていったことは大きな出来事だったんでしょう。
しかし水を浸したタオルを頭に乗せている姿は、異様に見えますね。


f:id:anttiorb:20201014185205j:plain

今は健康になったちひろ

 

f:id:anttiorb:20201014185208j:plain

姉とも仲が良かったが、今は家を出て行ってしまった

 

f:id:anttiorb:20201014185218j:plain

父と母は、水の奇跡に浸かってしまっている

 

f:id:anttiorb:20201014185222j:plain

母の兄は何とかしようとするが

 

f:id:anttiorb:20201014185225j:plain

新任教師にあこがれていたが

 

f:id:anttiorb:20201014185231j:plain

そして教団のトップの二人

 

f:id:anttiorb:20201014185234j:plain