anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

火天の城

2009年作品、田中光敏監督、西田敏行 福田沙紀 椎名桔平 大竹しのぶ出演。

今から約500年前…。 尾張織田信長椎名桔平)は、1575年の長篠の戦いで勝利をおさめ、天下統一への思いに燃えていた。
翌1576年、信長は琵琶湖を臨む安土の地に、城を建設しようと考え、安土の山ひとつを丸ごと、城にする考えだった。 信長は直々に各棟梁の元に行き、五重の城の構想を練って設計図を描けと言いはなつ。
言い渡されたひとり…宮番匠(宮大工)の棟梁・岡部(西田敏行は、その日から必死で構想を練りはじめる。 信長は更に「内部は吹き抜けにせよ」という追加注文を出した。
約束の日、信長は三人の番匠たちを呼んで競わせ、今でいうコンペ(競争)だった。 池上(石橋蓮司)や中井(内田朝陽)らは金箔を使った豪奢な城を作る計画を披露した。 注文通り吹き抜けを作った2人に対し、岡部の城には吹き抜けがなかった。
怒って手討ちにしようとする信長に対し、岡部はミニチュアの3つの城に火を放って見せた。 内部が吹き抜けだとそこが炎の道となり、城が大炎上するのだ。
信長の命を優先した設計を考えた岡部を、信長は起用した。 岡部が総棟梁となって城の建築が始まる。
岡部の考えた城は五重の塔に加え地下二階の、七階建ての城だった。 岡部は総棟梁として、城の建築に着手し、5年かかるところを3年で建てよとの命令だった…
 
戦国時代で豪華キャストですが、つくりとしては地味ですね。
主演は西田敏行、「任侠学園」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/10/08/060000 が近作出演です。
そして椎名桔平、「愛なき森で叫べ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/27/180000 が近作です。
 
物語は安土城建設、本能寺の変で焼け崩れた悲劇の城ですが、当時としては最高峰の名城と言われていました。 その城作りのために、信長はまず誰にするのかを競わせます。 尾張の岡部、京の池上、奈良の中井と三つ巴の勝負となりますが、吹き抜けを作った二人に比べ、それがいかに危険かを証明した岡部が信長の信頼を得ます。
しかしそれは難事を引き受けたことになって行きます。
 
今作は冒頭でも書きましたが、地味な感じの作りになっています。 戦国時代は合戦がつきものですが、岡部の苦労の人間ドラマになっています。 ただ、安土城には興味がわきますね。 もし信長が生きていたら、どうなったのか? そして安土城が今でも見られたんでしょうかね?
 

f:id:anttiorb:20200803181827j:plain

安土城建設に呼ばれる岡部

 

f:id:anttiorb:20200803181830j:plain

しかし難題を出されるが

 

f:id:anttiorb:20200803181833j:plain

岡部を支える家族

 

f:id:anttiorb:20200803181837j:plain

そして、宿題の答えを訴える

 

f:id:anttiorb:20200803181842j:plain

そして総統領となり

 

f:id:anttiorb:20200803181844j:plain

5年という期間を与えられる

 

f:id:anttiorb:20200803181848j:plain