anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

リトル・ミス・サンシャイン


シェリル・フーヴァー(トニ・コレット)はニューメキシコ州アルバカーキに住む2人の子供の母親である。 彼女の兄でゲイのマルセル・プルースト学者であるフランク(スティーヴ・カレル)は自殺未遂事件を起こした後、彼女の家族と一緒に暮らすことになる。
彼女の夫のリチャード(グレッグ・キニア)はモチベーショナルスピーカーとライフコーチのキャリアを積み上げるように務めていた。 シェリルの前夫との子供であるドウェーン(ポール・ダノ)はテストパイロットになるためにアメリカ空軍士官学校に入るという夢を実現させるまでに「沈黙の誓い」を立てている不幸な15歳である。
リチャードの口汚い父で第二次世界大戦の退役軍人のエドウィンアラン・アーキン)はヘロインの使用のために最近老人ホームを追い出されて家族と同居するようになり、7歳の孫娘のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)と仲が良い。
フランクが来た翌日、オリーヴはカリフォルニア州レドンドビーチで開催される美人コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の予選を通過したことを知り、有頂天となる。
しかしながら費用やその他の諸々の問題により、家族全員が同行しなければならなくなり、古ぼけた黄色いフォルクスワーゲンT2マイクロバスでの800マイルの旅が始まる。バスは老朽化によりクラッチが故障してしまい、修理所へと立ち寄る。 部品の交換が不可能であったため、一家はバスを後ろから押し、時速20マイルに達した時点で飛び乗るという方式で旅を続ける…
 
リバイバルというか、高画質での公開となりました。
主演はアビゲイル・ブレスリン、成長した姿を「ゾンビランド:ダブルタップ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/12/16/060000 で見れました。
 
物語は、何とか本を出版して、何とか家計を安定させようとするリチャードと、妻のシェリルのところに、彼女の兄のフランクが転がり込んできます。 自殺未遂をした彼を妹が引き取るということですが、長男のドゥエーンの部屋でしばらくということになりました。 ドウェーンはテストパイロットになるまでは、しゃべらないと決心しています。 そしてもう一つ彼はあることを考えていました。
しかしここで妹のオリーヴが、美人コンテストの予選通過が決まりました。 そして家族は彼女の本選出場の会場に向かうんですが、全員おんぼろ車で行こうということになります。
 
今作は、2006年の作品ですが、未見なので、公開されているので見てきました。 みんな若いですが、トニ・コレットも若いですし、なんといってもちょっとお腹がぽこんと出ている太めのアビゲイルが可愛いですね。
最後はハチャメチャになりますが、何か爽快感があります。 こういうご時世にはもってこいですね。
 

f:id:anttiorb:20200727184034j:plain

自殺未遂でこの一家のところに来たフランク

 

f:id:anttiorb:20200727184037j:plain

オリーヴが狂喜乱舞

 

f:id:anttiorb:20200727184044j:plain

予選通過の知らせだった

 

f:id:anttiorb:20200727184045j:plain

振り付けは爺さんのエドウィン

 

f:id:anttiorb:20200727184132j:plain

そして全員で移動

 

f:id:anttiorb:20200727184058j:plain

しかし途中でエドウィン

 

f:id:anttiorb:20200727184103j:plain

さらにドウェーンが

 

f:id:anttiorb:20200727184109j:plain