anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

悪の偶像

2019年作品、イ・スジン監督、ハン・ソッキュ ソル・ギョング チョン・ウヒ ユ・スンモク出演。


市議会議員のク・ミョンフェ(ハン・ソッキュ)は清廉なイメージで庶民から絶大な支持を得ていたが、ある日、ミョンフェの息子ヨハン(チョ・ビョンギュ)が飲酒運転した上に人をはねてしまう。 自宅のガレージにはヨハンが運び込んだ身元不明の被害者の遺体が転がり、事故の瞬間を誰にも目撃されていないことを息子に確認したミョンフェは、死体遺棄の罪を免れるため遺体を事故現場に戻し、血のこびりついた車を処分したうえで、ひき逃げ犯としてヨハンを自首させることに。 そしてイメージダウンを最小限にとどめるため、記者会見を行う。
事故の被害者は、小さな工具店を営むユ・ジュンシク(ソル・ギョング)の一人息子ブナン(Lee Woo-hyun)と判明し、ミョンフェは謝罪するため失意のどん底に突き落とされたジュンシクのもとへ。 事故はプナンが妻リョナ(チョン・ウヒ)とともに新婚旅行に行っている最中の出来事だった。 しかし何故かリョナは行方知れずになっていた。

さらにミョンフェが自宅ガレージに取りつけてある防犯カメラの録画映像を確認したところ、被害者プナンは事故後しばらく息があった様子。 もしヨハンがまだ生きていたプナンの遺棄を謀った事実が明るみに出れば、ヨハンは殺人犯となり、ミョンフェ自身の政治生命も絶たれてしまう。

ミョンフェは裏社会の探偵を雇い、事故現場に居合わせていたに違いないリョナの捜索を開始する。どうやらリョナは中国出身の不法滞在者で、本国に強制送還されることを恐れて姿を眩ましたらしい。

一方、失踪したリョナが妊娠していたことを知ったジュンシクは、リョナと一緒に中国からやってきた異父姉スリョン(Kim Jae-hwa)のもとへ向かうが、スリョンはリョナのことを怪物だと吐き捨てる。 それぞれのルートでリョナの行方を追うミョンフェとジュンシク。しかしリョナは予測不能の異常な行動でミョンフェとジュンシクの運命をねじ曲げていく……。


これはなかなか深いお話でしたね。
監督はイ・スジン、長編2作目のようですね。
主演はハン・ソッキュ、「監獄の首領」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15349966 が近作ですね。
そしてソル・ギョング、「1987、ある闘いの真実」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15674730 を記事にしています。


物語は、一つのひき逃げ事件から始まります。 知事候補の市会議員のミョンフェ、そつなく筆頭候補で当選は固いところでしたが、自宅に帰るとガレージが水浸し、そこに放心状態の妻と、ビニール袋に入った死体がありました。 車はぶつけた後があり、息子が自分の車を運転して事故を起こしたということでした。 警察に届けることをせず、轢いてしまったまま運んでしまいました。 いろいろ考える中、ミョンフェは、ある解決法を考えます。 それはもう一回事故現場に死体を戻し、自首させ、すぐに記者会見をして、陳謝するというものでした。
身元が分かり、父親はヨハンに襲い掛かりますが、実は亡くなったブナンは知的障害があり、やっと結婚した妻と新婚旅行中でした。 妻はどこに行ったのか? ここから事件は思わぬ方向に。


これは、疾走した妻のリョナが大きな問題を抱えた存在なんですね。 ミョンフェ、ジュンシク、さらにリョナの思惑が渦巻く中、ぎりぎりでことが発覚してすべてが壊れていくのがなかなか面白かったですが、妊娠中のリョナの子供の父親が誰なのかが、エグイんですよね。


f:id:anttiorb:20200705171635j:plain

息子ブナンが死んでしまい取り乱す両親

 

f:id:anttiorb:20200705171637j:plain

息子のひき逃げを釈明、お詫びをするミョンフェ

 

f:id:anttiorb:20200705171641j:plain

自首したヨハン

 

f:id:anttiorb:20200705171647j:plain

そしてみつかったリョナ

 

f:id:anttiorb:20200705171655j:plain

しぁしリョナは

 

f:id:anttiorb:20200705171702j:plain

中国からの密入国だった

 

f:id:anttiorb:20200705171705j:plain