anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウトサイダー

2018年作品、マーチン・サントフリート監督、ジャレッド・レトー 浅野忠信 椎名桔平 忽那汐里出演。


元米兵のニック(ジャレッド・レト)と清(浅野忠信)は、日本の刑務所で出会う。 清は切腹をして自殺未遂をはかり、シャバにでる計画を立て、ニックはそれに協力をする。 作戦は成功し清は釈放され、協力してくれたお礼に、清はニックの釈放手続きを済ませる。
清は大阪を仕切っている白松組の一員でヤクザだった。 清とニックはこの出会いをきっかけに共に行動するようになるのだった。 白松組が目の仇にしているのは勢津組で、彼らは、米軍と手を組んでいることで粋がっていた。
清は米軍が本国に送る銃を横流しする計画を立てている情報を耳に入れる。 清は白松組と知られずにその銃を購入したいと考えていた。 そこで、ニックにその仕事を依頼する。
ニックは銃を買うために倉庫へと向かうが、勢津組が待ち伏せをしていた。 ニックはそのうちの2人を殺してしまい、銃購入作戦は失敗に終わってしまう。 これを聞きつけた白松組の組長(田中泯)が怒りだす。 白松の名を汚したら指を切り落とす掟があり、勢津組との抗争を避けたい組長は、ニックと清の指を切り、勢津組に送って誠意を見せる。 そして、組長は白松組に密告者がいることを疑う。
この一連の事件をきっかけに、ニックは正式に白松組の一員となる。 ニックは清の妹の美由(忽那汐里)のことが好きだったが、清に「ヤクザは家庭を持ってはだめだ。」と言われ、美由と関わることを禁じられてしまう。 それでも、ニックは美由と会い続けるのだった…


これは結構日本のヤクザの世界を外国人監督がうまく描いていましたね。
その監督はマーチン・サントフリート、「ヒトラーの忘れもの」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15981349 を見ていて、今作を発見しました。
主演はジャレット・レト、「ブレードランナー 2049」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15210497 に出演していました。私は好きな俳優で、いずれ主演でオスカーを取ると思っていますが。
浅野忠信は、「累 -かさね-」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15679246 が近作です。
椎名桔平は、同じくNetflix作品の、「愛なき森で叫べ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/27/180000 で主演をしています。
忽那汐里は、「デッドプール2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15541225 が近作で、堪能な英語で世界進出をしつつありますね。


物語は、刑務所での始まりです。 戦後間もなくの時で、米軍にいたニックは捕まって刑務所にいました。 リンチを受け首からつるされた男を救っても、看守たちに逆に余計なことをするなと彼もリンチを受けてしまいます。 そして同室になった清という男の脱獄計画を手伝ったことから、彼の世界にニックも入って行きます。


今作は大阪のヤクザ組織のお話なんですが、なかなか良くできていますね。 どうやら監督がどんどん変わって行ったようですが、しっかりとどこかで日本のヤクザの世界を設定した人間がいたような感じですね。

キャストも良くて、レトの存在がいい意味で際立っていましたが、ラストがちょっとどうなって行くのかが気になりますね。

 

f:id:anttiorb:20200610184452j:plain

清は何とか娑婆に出た

 

f:id:anttiorb:20200610184457j:plain

そして、大阪の極道だった

 

f:id:anttiorb:20200610184501j:plain

白松組長

 

f:id:anttiorb:20200610184505j:plain

そしてニックも入って行く

 

f:id:anttiorb:20200610184514j:plain

清の妹の美由

 

f:id:anttiorb:20200610184510j:plain

そして入れ墨も入れるニック

 

f:id:anttiorb:20200610184526j:plain