anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

その住人たちは

2020年作品、ダビ・パストール アレックス・パストール監督、ハビエル・グティエレス マリオ・カサス ブルーナ・クシ ルス・ディアス デヴィッド・セルバス出演。


広告会社の元重役ハビエル(ハビエル・グティエレス)。 プライドが高いハビエルは、面接に出向いても採用されず生活はどんどん困窮していった。 そして、豪邸から安アパートに引っ越しを余儀なくされたハビエル一家。妻のマルガ(ルス・ディアス)と息子のダン(Cristian Muñoz)は、新しい生活に馴染むため努力するが、ハビエルは元自宅に対する執着心が消えなかった。
元自宅のマンションに新しい住人が越してきた事を知ったハビエルは、その日から一家を監視するようになる。
一家が外出したのを確認した後、ハビエルは合鍵を使いマンションに侵入、そして住人のパソコンを覗いたハビエルは、一家の主であるトマス(マリオ・カサス)がアルコール依存症で断酒会に参加していることを知り、自らも身元を偽って会に参加した。
ハビエルはトマスと知り合い、善人の顔をしながらあの手この手でトマスの家庭を壊そうとする。 トマスの自宅に招待されたハビエルだったが、そこでマンションの庭師の男に見られてしまい、事態は一変してしまう…


ちょっとテイストが「パラサイト 半地下の家族」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/23/060000 に似ている感じがします。
監督はパストール兄弟、「フェーズ6」を見ていますがブログを始める前でした。
主演はハビエル・グティエレス、「だれもが愛しいチャンピオン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/12/060000 でもエゴ丸出しの役でした。
マリオ・カサスは、「スガラムルディの魔女」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15095106 を記事にしています。


物語は、プライドの高さが邪魔をして、新しい会社の就職が思うようにいかない男のお話です。 ハビエルは、とうとう豪邸から狭い安アパートに移ることになってしまい、彼は我慢ができませんでした。 そしてなんとか、そこに来た新しい住人のことが気になり、とうとう忍び込んでしまいます。 そこでトマスはアルコール依存症で、断酒会に行っていることがわかります。 そこで彼はある考えが浮かびます。


今作は、結構不気味なサスペンスです。 ハビエルのプライドの高さは、冒頭から描かれ、普通は再就職は、まず使用期間がありますよね。 引き抜きではないんで、でも彼はそれが我慢できませんでした。 そんなハビエルに愛想をつかし、妻と息子は距離を置いていきますが、彼はトマスの家にターゲットを絞っていくんですね。
普通は破滅型のお話ですが、実は。

 

f:id:anttiorb:20200429082231p:plain

この家を追われるハビエル

 

f:id:anttiorb:20200429082249j:plain

妻と子供と一種に狭い家に

 

f:id:anttiorb:20200429082255j:plain

しかしこだわりが捨てきれない

 

f:id:anttiorb:20200429082259j:plain

新しい住人

 

f:id:anttiorb:20200429082307j:plain

そしてトマスに近づく

 

f:id:anttiorb:20200429082311j:plain

そして家族にも接近

 

f:id:anttiorb:20200429082319j:plain