anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ドクター・スリープ

2019年作品、マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガー レベッカ・ファーガソン カイリー・カラン出演。

1980年。 少年ダニー=ダン・トランス(Roger Dale Floyd)は、“展望ホテル” で気が狂った父親に殺されかけた経験からトラウマを抱えていた。
現在彼はフロリダで母親のウェンディ(アレックス・エッソー)と暮らしているが、ルーム237に住み着いていた体の腐った老婆の幽霊の出現に苦しめられていた。ある時、ダンのもとに展望ホテルで働いていた、自分と同じ“シャイン”を持つ黒人男性ディック・ハロラン(カール・ランブリー)の霊が訪れた。
怯えて過ごしているダンにハロランはある箱を渡し、再び幽霊が現れたらその箱を脳に浮かべるように伝える。
一方で、“シャイン” を持つ女性ローズ・ザ・ハット(レベッカ・ファーガソン)が率いる半不老不死の集団は、特別な子ども達の生気を吸って生きながらえるため、あちこちで誘拐を働いていた。
それから40年後の2011年。 ダン(ユアン・マクレガー)はトラウマを克服できないまま大人になり、父親と同じアルコール中毒に苦しみながら酒をあおり、女性とゆきずりの関係を持つという自堕落な生活を送っていた。 金も尽き、自分自身から逃げたいと願ってダンはニューハンプトン州の小さな町に移り住み、ビリー(クリフ・カーティス)という男性と広場で知り合う。
親切なビリーはダンに住む場所も職も紹介してくれ、アルコール中毒の集団セラピーにも連れて行ってくれた。 ダンはセラピーで出会った医師にホスピスでの仕事も紹介される。 死に直面する人々が住まうホスピス。 ダンは“シャイン”で亡くなる直前の彼らの心を癒し“ドクター・スリープ”とも呼ばれるようになった。
そんなある日、ダンの部屋の壁に子どもらしい筆跡で「こんにちは」の文字が。 ダンは不思議に思いながらも「やあ」と返してやる。 文字の送り主はアブラ(カイリー・カラン)という名の“シャイン”を持つ少女なのだが、彼はまだ知るよしもなかった。
その頃ローズの集団は新たな仲間を求めていた。 彼らが見つけたのはアンディ(エミリー・アリン・リンド)という15歳の女性。
彼女はネットで出会った男性たちを能力で眠らせて金を奪っていた。 ローズたちはアンディを誘拐し、永遠の若さを手に入れることを約束して仲間に引き入れるのだった・・・
 
長編でしたね。
監督はマイク・フラナガン、「ソムニア -悪夢の少年-」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15265940 「サイレンス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15402213 と記事にしています。
敵役でレベッカ・ファーガソン、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15979437 が近作となります。
そして今作のキーマンではカイリー・カラン、天才子役といわれている彼女、今後の活躍が楽しみです。
 
物語はあのときの続きからです。 なんとかホテルを脱出した母と子供、しかし少年ダニーは、悪霊たちに付きまとわれていました。 しかしそこに現れたハロランから、悪霊の封じ込め方を教わりました。
一方謎の集団が暗躍を開始していました。 いや、どうやら昔から影で活動をしていたらしく、彼らの食事は能力の高いものの生気のようです。
そして現代、ダンはまだトラウマを抱えていました。
 
今作は、あの「シャイニング」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12137937 の続編ということですが、続編というとちょっとどうかな? という感じでした。 後日譚でもあり、続きではありますが、まったくコンセプトが変わった感じを受けました。「シャイニング」は謎めいたあの恐ろしいホテルのホラーなんですが、精神が崩壊した男と、心霊が複雑に絡んだ作品でしたが、今作は思いっきり心霊ホラーと、凶悪な人間を食う化物との融合で、ダンは一応能力者ですが、アル中でちょっと人生が終わっている感じの男でした。 しかし、ある男との出会いで立ち直るんですが、立ち位置が微妙ですね。
昔のキャストはそっくりさんで短いショットを差し込んでいます。 ここはなかなか上手い撮りかたでしたね。
 

f:id:anttiorb:20191219192439j:plain

トラウマに怯えていた少年・ダニー

 

f:id:anttiorb:20191219192459j:plain

そして大人になった彼はアル中になっていた

 

f:id:anttiorb:20191219192526j:plain

しかしニューハンプシャーで落ち着きを取戻すが

 

f:id:anttiorb:20191219192532j:plain

彼女からコンタクトがあり

 

f:id:anttiorb:20191219192543j:plain

邪悪なローズと

 

f:id:anttiorb:20191219192601j:plain

その集団を感知する

 

f:id:anttiorb:20191219192609j:plain

そして対決の場をあのホテルに

 

f:id:anttiorb:20191219192616j:plain