anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

大洗にも星はふるなり


茨城県大洗町のクリスマス・イヴ。 冷たい風が吹き荒れる真冬の海の家に5人の男が1通の手紙で集められた。 前代未聞の勘違いナルシストの杉本(山田孝之)、オクテなサメマニアの松山(山本裕典)、モテないくせに浮気願望が強い猫田(ムロツヨシ)、ハイテンション・バカの仁科(小柳友)、ちょい不良?オヤジで海の家のマスター(佐藤二朗)。
彼らは、数ヶ月前の夏、この海の家で生活を共にしたバイト仲間だった。 5人は全員、皆の憧れのマドンナ・江里子(戸田恵梨香)から 「クリスマス・イヴの夜、海の家で会いたい」 という手紙を受け取っていたのだ。
自分だけが手紙を貰ったと思っていた彼らは、江里子が本当に会いたがっているのは自分だとアピールを始める。 そこへ海の家の取り壊しを求めて弁護士の関口(安田顕)が現れる。 いくつもの離婚訴訟を手がけてきた関口は、5人のくだらない言い争いに決着をつけようと、各々が語る江里子との妄想のエピソードの真実を、あらゆる物的、状況証拠から推理して次々と暴いていくのだった。
関口の華麗な事情聴取に衝撃を受ける面々。 特に杉本は、自信をごっそり奪われ、次第におかしくなっていく。 そんな中、関口が突然、「私も好きだな、江里子さん……」 と衝撃の宣言を口にする。彼女に会ったこともない関口が、ラブバトルに参戦してきたのだ。
さらに、遅刻してきた天然・カラ回りキャラの林(白石隼也)も加わり、男たちの争いはますますヒートアップする。 江里子の本命は本当にこの中にいるのか? そして自分勝手な妄想を暴走させる7人の男たちの、どうしようもない争いの果てに待ち受ける結末とは…

こういう群像劇で笑いを取るのはお手の物ですね。
監督はもちろん福田雄一、近作は 「銀魂2 掟は破るためにこそある」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15648411.html ですが、先月公開の作品は見たかった。 2週間限定だったんでいけなかったんですよね。
主演は山田孝之になりますかね。 「50回目のファーストキス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15542288.html が私が見た近作になりますが、珍しい日本でのリメイク版でした。早くオリジナルも見なければ。
そして山本裕典、「ガールズ・ステップ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13467324.html が近作になります。

さて物語は、夏の間の海の家で楽しくやっていたメンバー、そこには紅一点の江里子がいました。 でも誰も本命にはなれずシーズンは終わりました。 しかしクリスマスのお誘いが彼女から来て、浮かれる杉本。 やっぱりオレだろうな! そう思っていた彼の元にきたのは、彼女ではなく、当時働いていて面々そして海の家マスターまで。
そして一向に現れない江里子に、もう一人弁護士も現れました。かってな思い出を見抜いていく弁護士、そして真実が明かされます。
これはやっぱり佐藤二朗を笑いの核に置いた福田組が良いんですよね。 安定の笑いを誘ってくれます。

イメージ 1
杉本をはじめとして

イメージ 2
集まってくる

イメージ 3
海の家の面々

イメージ 4
マスターもやってくる

イメージ 5
そこに現れた弁護士

イメージ 6