anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

夏目友人帳 第2期 その4

2009年作品、今掛勇 清水久敏 松本マサユキ 大森貴弘梅演出、神谷浩史 井上和彦 小林沙苗 伊藤美紀 伊藤栄次:声の出演。

第10話
野生のハッサクを採った帰り道、何者かに斧を投げつけられた夏目(神谷浩史)。翌日、彼は学校からの帰宅途中、6本指の黒い足跡を見つける。 足跡は、居候先の藤原家の門まで残されており、門には大きな落書きがされていた。
奇妙な出来事は続き、今度は庭の家庭菜園が、先ほどと同じ足跡に踏み荒らされる。 ニャンコ先生井上和彦)は、すべて同じ妖のしわざだというが……
第11話
妖(あやかし)が見えることで自分にもできることがあるのだろうか、と悩むようになる夏目(神谷浩史)。ある日彼は、名取(石田彰)から、妖を感じる人や、見える人の会合に誘われる。 会合に行けば、自分と同じ悩みをもつ人に出会えると期待した夏目は、ニャンコ先生といっしょに参加することに。
会場で大勢の人と妖を目にして、あっけにとられる夏目。 そんな彼に名取が紹介したのは、七瀬(土井美加)という初老の女性だった。 夏目は七瀬に、祖母のレイコについて尋ねられる。
第12話
夜ごと、無気味な物音や声が聞こえると言われる洋館にやってきた夏目(神谷浩史)。 子供のもがく声のするほうに行ってみると、棺(ひつぎ)のような箱に少年が閉じ込められていた。 箱を開けてやるなり泣きながら走り去る少年。 彼が落としていった名札を返そうと、その少年、カイを捜していた夏目は、彼が妖に追われているらしい、という噂を耳にする。本当に追われているのならば、守ってやりたいと思うが…
第13話
妖だけでなく、妖祓(はら)いの名取もまたカイを追っていた。 名取は、夏目にカイが妖であることを明かし、カイを退治しにきたことを告げる。 カイと親しい仲になっていた夏目は、その事実を受け入れられない。 そんな夏目に名取は、人と妖、どちらが大切なのか態度をはっきりさせるよう言い放つ。
名取と別れ、カイの身を案じつつその行方を探る夏目だが、誤まって名取が仕掛けた罠(わな)にはまってしまう。 危機に瀕(ひん)した彼を救ったのは、なんとカイ。 自分を狙うばかりでなく、夏目をも傷つけた名取に怒りを燃やしたカイは、ついに妖としての本性を現わす。

さて、だんだんと登場人物が増えて行きますが、とうとう貴志以外の見える人間たちの会合に行く回になります。 貴志は期待を持っていくんですが、彼の気持ちは分かりますが、これが今後の対決に繋がっていってしまうんですね。
しかし祓い屋というのはなかなか手ごわい奴らですね。 妖怪とできれば上手くやりたい、触れ合いたい貴志とは違う、悪い妖怪はやっつけてしまう、道具として使うという祓い屋とはやはり相容れませんね。
これで第2期は終了です。

イメージ 1
第10話・仮屋 レイコ

イメージ 2
第11話・呪術師の会 祓い屋の宴にでる夏目

イメージ 3
第12話・廃屋の少年 カイを助ける




イメージ 4
第13話・人と妖 カイのために動く夏目

イメージ 5