anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

猫侍 シーズン1(前半)

2013年作品、渡辺武、山口義高監督、北村一輝 平田薫 水澤紳吾 佐藤誓 笠原紳司 ユキリョウイチ 川村亮介 本宮泰風 伊藤洋三郎 高橋かおり 横山めぐみ出演。

第1話
元・加賀藩剣術指南役、斑目久太郎(北村一輝)。 かつては 「まだら鬼」 と呼ばれ恐れられた剣客だったが、今はしがない貧乏浪人としてほおずき長屋でひとり静かな暮らしを送っている。 剣以外で稼ぐことを知らない久太郎の生活は困窮しており、若菜(平田薫)の売る甘菓子 『どなつぼう』 の屋台を横目に夕食のザリガニを釣る有様だ。
一方、ひょんなことから久太郎の剣術を目にした呉服問屋加賀屋の番頭、佐吉(水澤紳吾)は、主人の与左衛門(伊藤洋三郎)をとりこにしている 白猫 『玉 之丞』 の暗殺を久太郎に依頼する。 佐吉曰く、玉之丞を飼い始めてから堅物の主人が幼子のように変わってしまった。 これは主人をたぶらかす化け猫であり、妖怪退治なので是非お願いしたい。 ということだ。馬鹿馬鹿しいと難色を示した久太郎だったが、三両の報酬を提示されれば話は別。 佐吉の手引きで加賀屋の猫部屋へ忍び込む。 猫には豪華すぎる広い部屋、襖を一枚、二枚と開け、化け猫を探す久太郎。そして三枚目の襖を開けた先、そこにはかわいい白猫が 「にゃあ」 と無垢な瞳で見上げていた…。 
 
第2話
結局、化け猫ならぬ白猫の玉之丞を匿ってしまった久太郎。 佐吉には、悪霊退散の札が貼られた壷を 『猫壷』 と称して渡し、中に封じ込めた風を装い誤魔化すことにしたのだ。
報酬の三両を持ってきた佐吉は、主人の与左衛門が町奉行所から『水責めの政』と恐れられる同心の石渡政道(ユキリョウイチ)とその子分の八五郎川村亮介)を呼び、犯人探しを始めたことを久太郎に伝える。 
ほおずき長屋。 隣に越してきた若菜の突然の訪問に続き、大家からも猫の存在を怪しまれた久太郎は玉之丞を隠し続けることに限界を感じ、神社に放つことを思い立つ。 しかし神社では、不良武士の蜂谷孫三郎(本宮泰風)が草履を汚されたと怒り、猫好きの老人・義一と彼の抱く猫もろとも斬ろうとして いた…

第3話
 ノミに襲われ、たまらず家を出る久太郎。 と、そこには先日命を助けた義一が。 義一は、ノミなら 『しゃもん』 で手入れを! と久太郎に 『猫見屋』 を紹介する。謎の 『しゃもん』 を求め、玉之丞を連れ猫見屋へ。 看板には 【猫のことなら何でもおまかせ】 と大きく書かれていた。
女主人のお七(高橋かおり)は玉之丞をブラッシングしながら、「それは 『しゃもん』じゃなく 『シャボン』 だ」 と、久太郎に石鹸を渡し、玉之丞を洗ってあげるよう促す。
いまだノミの残る玉之丞と長屋に帰った久太郎の下に、同郷の置き薬屋、五郎(佐藤誓)がやってくる。 五郎はたびたび久太郎の妻、お静(横山めぐみ)と娘おハルからの手紙を届けていた。 五郎は久太郎に明日郷里に戻るのでそれまでに返事を書くように忠言する。開封もせず箪笥に仕舞われたままの手紙をじっと見る久太郎。郷里に住んでいた頃、おハルを泣かせてしまった事件を思い 出していた…

第4話
 「にゃー!」 腹を減らした玉の丞の鳴き声がほおずき長屋に響く。 職種にこだわる久太郎は依然として無職のまま、貧乏生活は続いていた。 冷えた鰹節御飯を玉の丞に差し出す久太郎。 しかし、玉の丞は少し嘗めただけ。 よく見ると少し痩せたようだ。
表通りでは、猫耳をつけた若菜が屋台で商売に励んでいる。 『どなつぼう』 は、棒状から可愛い猫の顔に形を変え、同時に 『どにゃつぼう』 と名称も変更したらしい。
久太郎は、食欲不振の玉の丞を連れ猫見屋を訪ねる。 お七は究極の猫まんま 『猫飯』 を買うよう勧めるが、高価すぎて久太郎には手が届かない。
「頼もう!」 仕官の口を探し、大名屋敷に赴いた久太郎。その時、身なりのいい武士、内藤勘兵衛(笠原紳司)が屋敷に帰って くる。 「 ……斑目」睨みあう2人。 かつて男たちは旧知の仲であった…
 
第5話
 心機一転傘貼りの仕事を始めた久太郎。 案外筋はよく、作業は順調だ。 満足げに完成した傘を眺めるていると、「ガラガラガッシャーン!!!!」吊るしていた傘が音を立て一斉に落ちる。 もちろん犯人は玉之丞だ。
久太郎の殺気を感じ、玉之丞は 「反省」 とばかりに自ら押入れに入る。 その後も、ちょっと外出した隙に部屋をめちゃくちゃにされ、玉之丞の果てしない奔放さに疲れた久太郎はお七を訪ねる。 猫見屋。 お七に撫でられ、机の上の玉之丞は気持ちよさそう。 「今日はどうしたの?」 と問うお七に苦痛を訴えようとしたその時、同心の石渡と八五郎が玉之丞殺しの聞き込みにやってくる…

第6話
 「好きな言葉は猫の恩返しっ…」 しょうもないことを言いながらガックリとうなだれる久太郎。 今日も傘は作った端から玉の丞に台無しにされていた。 いたずら後の定位置、押入れに入れられる玉の丞。 しかし今日はなんだかおとなしい。
時を同じくして、加賀屋では主人の与左衛門がうなされていた。 玉の丞が暗くて狭いところに閉じ込められ、助けを求めている夢を見たのだ。 その話を聞いた佐吉は猫壷の封印を確かめに行く。元気のない玉の丞を連れ猫見屋に来た久太郎。 お七に 「猫も人間も疲れを癒すためには遊びが必要。」 と説かれる。
遊ぶことを知らない久太郎はお寺の小僧てる松に玉の丞と遊ぶよう頼む。 てる松と遊ぶ玉之丞。太陽に照らされた白い毛並みがとても綺麗だ。楽 しく遊ぶ 彼らを見た若い男女が近寄ってくる。彼らはてる松に、玉之丞を二両で買うと申し出る…
 
映画版は2作とも見ましたが、テレビシリーズも見たいと思っていました。 まずは前半です。
監督は渡辺武、「猫侍 南の島へ行く」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13436084.html 「彼岸島 デラックス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14501994.html を見ています。

物語は、久太郎と玉之丞との出会いを描いていますね。 そもそも、猫など好きではなかった久太郎が、貧乏でどうしようもない時に、猫ののろいの元凶と言うことで玉之丞を殺す仕事を請け負ったことがきっかけでした。
この作品は久太郎の心の声がなかなか面白いんですね。 まずは前半まで。

イメージ 1
玉之丞を殺すことをはじめは頼まれたが

イメージ 2
もちろん殺すことなんてできない

イメージ 3
そして内緒で家に

イメージ 4
しかし仕官の話は一向に

イメージ 5