anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

日本のいちばん長い日(1967年版)

1967年作品、岡本喜八監督、宮口精二 戸浦六宏 笠智衆 山村聡出演。

戦局が次第に不利になってきた日本に無条件降伏を求める米、英、中のポツダム宣言が、海外放送で傍受されたのは昭和二十年七月二十六日午前六時である。 直ちに翌二十七日、鈴木総理大臣(笠智衆)官邸で緊急閣議が開かれた。 その後、八月六日広島に原爆が投下され、八日にはソ連が参戦、日本の敗北は決定的な様相を呈していたのであった。
第一回御前会議において天皇陛下(松本幸四郎)が戦争終結を望まれ八月十日、政府は天皇の大権に変更がないことを条件にポツダム宣言を受諾する旨、中立国のスイス、スウェーデンの日本公使に通知した。 十二日、連合国側からの回答があったが、天皇の地位に関しての条項にSubject toとあるのが隷属か制限の意味かで、政府首脳の間に大論争が行なわれ、阿南陸相三船敏郎)はこの文章ではポツダム宣言は受諾出来ないと反対した。
しかし、八月十四日の特別御前会議で、天皇終戦を決意され、ここに正式にポツダム宣言受諾が決ったのであった。 この間、終戦反対派の陸軍青年将校はクーデター計画を練っていたが、阿南陸相は御聖断が下った上は、それに従うべきであると悟した。
一方、終戦処理のために十四日午後一時、閣議が開かれ、陛下の終戦詔書宮内省で録音し八月十五日正午、全国にラジオ放送することが決った。 午後十一時五十分、天皇陛下の録音は宮内省二階の御政務室で行われた。
同じ頃、クーデター計画を押し進めている畑中少佐(黒沢年男)は近衛師団長森中将(島田正吾)を説得していた。 一方厚木三 〇二航空隊の司令小薗海軍大佐(田崎潤)は徹底抗戦を部下に命令し、また東京警備軍横浜警備隊長佐々木大尉(天本英世)も一個大隊を動かして首相や重臣を襲って降伏を阻止しようと計画していた。 降伏に反対するグループは、バラバラに動いていた。
そんな騒ぎの中で八月十五日午前零時、房総沖の敵機動部隊に攻撃を加えた野中少将(伊籐雄之助)は、少しも終戦を知らなかった。 その頃、畑中少佐は蹶起に反対した森師団長(高橋耕次郎)を殺害、玉音放送を中止すべく、その録音盤を奪おうと捜索を開始し、宮城の占領と東京放送の占拠を企てたのである。
しかし東部軍司令官田中大将(木場勝己)は、このクーデターの鎮圧にあたり、畑中の意図を挫いたのであった・・・

2015年版 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13351372.html を見ましたが、こちらも見ておかないと。
監督は岡本喜八、今後は監督作品を見る機会も増えることでしょう。
いろんな戦時中の重要人物を、各名優が演じています。 私は、このポツダム宣言受け入れ、そして玉音放送まで、一番重要な役割をした人物は3人だと思いますが、その中で、戦争の幕引きをした、鈴木貫太郎首相の一番大きかったと思います。

物語は、日本の大きな節目の1日を取り上げた作品です。 戦争はとうとう本土決戦をするかどうかの選択をするまで追いつめられてきた状態、大局的に見て、もう日本の敗戦は濃厚で、海軍は機能をしておらず、特攻するにも燃料も戦闘機もそこをついていたと思われます。
しかし陸軍は、今こそ自分たちの力を最後発揮する時と息巻いている感じが見受けられます。
三船さん演じる阿南惟幾、実は彼も一方の主役でしたね。 血気盛んな陸軍将校たちに、いかに上手く終戦を浸透させるか、しかしはじめから天皇陛下、首相のいうとおりに絶対できない、そういうギリギリの軍人としての顔と、陸軍大臣という政治家の顔を、必死に使うところが、心に伝わってきます。
そして見事に自決していく、自分の命を持って陸軍にふたをするシーンは圧巻ですね。
これはしっかり見ておくべき作品、重厚さが2015年版とは一味違いました。

イメージ 1
ポツダム宣言受諾を決める会議

イメージ 2
阿南は最後まで本土決戦を主張していたが

イメージ 3
陸軍に申し渡す阿南

イメージ 4
しかし断固として抗戦を主張する軍人が

イメージ 5
やってはいけないことまでしてしまう

イメージ 6