anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

モリーズ・ゲーム


2002年、冬季オリンピック予選の最終戦。 女子モーグル北米3位のモリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は、五輪出場を目前にしていた。 心理学教授の厳格な父親(ケヴィン・コスナー)のもと、幼い頃からひたすら練習を重ね、12歳の時の背骨の大手術からも復活したモリーだったが、その大会で松の枝にぶつかりスキー板が外れて転倒、怪我を負った彼女のアスリート人生は終りを迎えるのだった。
その後、ケガから回復したモリーは、ロサンゼルスで1年間の休暇を取っていたが、バイト先のボスからポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。 そこは、ハリウッドスターのプレイヤーX(マイケル・セラ)、映画監督、ラッパー、ボクサーなど大金持ちの有名人ばかりが集まる場所であった。
ゲームの参加費は1万ドル。 一夜で100万ドルの金が動くスリリングな世界で、最高レベルの人々との交流に生き甲斐を見つけるモリーだったが、数年後、突然クビを言い渡されてしまう。 
モリーは秘かに練っていた計画を実行し、自ら経営する “モリーズ・ルーム” をオープン。 その後、ニューヨークに拠点を移し、並外れた才覚によって新たなる伝説を築いていく。 
しかし、2012年、突如FBIに踏み込まれ、モリーズ・ルームは閉鎖。 彼女は全財産を没収される。 2014年、回顧録 『モリーズ・ゲーム』 を出版後、モリーは違法賭博運営の容疑で突然FBIに逮捕される。
もう2年もやっていないと答えるモリーだが、令状を前に成す術もない。 何人もの弁護士に断られたモリーは、チャーリー・ジャフィー(イド リス・エルバ)に弁護を依頼。ジャフィーは、タブロイド紙に載る “ポーカー・プリンセス” は自分向きの事件ではないと断るが、実際のモリータブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知り、彼女の弁護を引き受けることを決意する…

3つの時間が基本的に描かれますが、なかなか面白い人間像、人生だと思います。
監督はアーロン・ソーキン、脚本参加が多かったんですが、今作が初監督作品となります。
主演はジェシカ・チャステイン、近作はこれも衝撃作だった 「女神の見えざる手」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15216930.html でしたが、全く別の人物像の 「ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15281771.html は感動作でした。
そして弁護士のチャーリーにイドリス・エルバ、「ダークタワー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15361497.html のようなSF作品の出演が多いですが、こういう社会派の役も結構良い演技をしてくれるんですよね。

物語は、実在の人物:モリー・ブルームの自伝の映画化ですね。 しかし登場人物は仮名となっていますし、それは冒頭のモーグルシーンでナレーションされます。 彼女の人生は、厳格な父親、ケヴィン・コスナーが演じていますが、心理学者のちょっと嫌な父親像の厳しい文武両道の生活が描かれます。 実は彼女は長女で、二人の弟がいるんですが、弟はオリンピック選手に一人はなっているんですよね。
しかし彼女は、ある出来事でそのチャンスを逃してしまいます。 そして彼女は競技を引退し、ひょんなことからポーカーゲームのアシスタントになって生きます。
今までの人生とは全く違う世界、興味が湧いたんでしょうね。 このボスが理不尽な男で、はっきり行って下衆なんですが、ここで彼女はその裏ポーカーのノウハウを覚えていくんですね。 そしてそこの客を根こそぎ持っていってしまいます。
しかし彼女はこういう裏の世界を操るには、どこか生真面目で、優しいんですね。 それが彼女の弱点であり、そこを突かれてしまうんですね。
この作品はちょっとめまぐるしい映像で、見るのは疲れるんですが、でも彼女の人生は凄く面白い。 それは彼女の心が純粋だからでしょう。 醜い男たちを操りながら、清い感じがする彼女の人生だと思いました。

イメージ 1
心理学者の父

イメージ 2
モーグルを引退して違う世界に

イメージ 3
彼と知り合い

イメージ 4
独立し、モリーズ・ゲームを主催する

イメージ 5
しかし裏切られ、彼に弁護を頼む

イメージ 6